特集/下水道再構築の切り札 〜改築推進工法〜
(2010年12月号)
巻頭言 質の高い生活道路空間の形成と非開削推進工法 横浜国立大学大学院教授 中村 文彦 1
今月の推論 転ばぬ先の杖 〜皆で考えよう「老朽管の改築と管更生」のこと〜 傍若無人 2
総 論 更新事業の課題と改築推進工法への期待 横浜市環境創造局施設整備部長 小嶋  隆 4
解 説 ・東京都における下水道の改築更新の取り組み
  改築推進工法への期待について
東京都下水道局建設部設計調整課長 新谷 康之 9
・大阪市における管路施設の改築更新計画
  および改築推進工法の適用可能性について
大阪市建設局下水道河川部管渠担当課長 松田 清隆 12
・管きょの再構築、診断評価基準と改築更新の手法 一般管路診断コンサルタント協会技術委員 飯干 秀樹 15
・施工実績37スパン2,048mのRPS工法
  ─Rebuild Pipe System─
 (改築推進機と仮排水設備のトータルシステム)
アイアンモール協会事務局長 酒井  宏 18
・リバースエースシステムの特長、実績と
  今後の取り組みについて
エースモール工法協会技術委員 日野 英則 23
・狭隘箇所の老朽管はEXP工法で
  新管に入替え耐久性の確保を
EXP工法協会技術委員 長崎 真二 29
・軌道横断の改築推進施工事例
  二重ケーシング式のUPRIX工法で既設集水ますに到達
SHスーパー工法協会技術員 柳葉 正夫 37
・拡孔式の破砕ビットで既設管と基礎をも掘削OK-PCR工法 オーケーモール協会事務局長 久喜 正博 41
・Reキューブモール・アーマー工法
  ─既設管きょの非開削撤去技術─
機動建設工業(株)関東支店土木部技術課 荒木 大介 44
・近接する埋設管に影響を与えないことを実証
  パイプキュア工法
パイプキュア工法研究会運営委員会技術員 南  光繁 49
・既設1号マンホールから発進到達
  静的破砕方式による、老朽管の改築推進工法
(株)ホウショウEG取締役総括営業部長 影目 一夫 52
・ベビーモール工法による老朽管入替工法鋼管削進の応用 ベビーモール協会(東京油機工業(株)代表取締役) 重盛 知勇 56
連載企画 推進工法の足跡 第28回
 コウワ工法技術協会
コウワ工法技術協会事務局長 青木 健一 59
随 筆 人生の恩人、牧野さん ライフライン工業(株)代表取締役 小谷野信幸 65
技術情報 「下水道推進工法の指針と解説2010年版」の活用にあたって (株)エイト日本技術開発
保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野分野統括
田口 由明 69
日本水工設計(株)
東京支社下水道一部管渠設計課課長
松原 逸郎
(株)日水コン
東部下水道事業部計画・管路部技術第三課主任
西田喜八郎
日本水工設計(株)
東京支社下水道一部管渠設計課総括主査
木下 正人
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第8回 掘削土量と排土量のアンバランス 80
東雛俳句会便り 第二十五回 「NHKのドラマ『坂の上の雲』を鑑賞して、
        俳人・子規と知り合う」
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 82
会 報 84
年間総目次 85
機関誌監修および
編集委員会
89
Back Number 90
編集後記 92
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/最先端技術を探せ! 〜曲線推進への道のり〜
(2010年11月号)
巻頭言 厳しい時代に取り組むべき事業を考える 福岡市道路下水道局長 岩崎 憲彰 1
今月の推論 恒産なきものは恒心なし ─推進工法に関係する者に幸あれ─ 一兵卒 2
総 論 超長距離・曲線推進の課題と展望 下水道業務管理センター下水道アドバイザー
博士(工学)
中村  啓 4
解 説 ・曲線測量システムの動向増える曲線推進、支える測量技術 (株)ソーキ常務取締役 稲葉 富男 8
・高耐荷力と高耐水圧対応の合成鋼管は、
  鋼管にプレストレスを導入したコンクリートの複合構造
日本ヒューム(株)製品営業部 小山 信夫 13
・難易度の高い曲線施工を完遂するSR推進管 中川ヒューム管工業(株)技術営業部副部長 人見  隆 18
・推進管きょをサポートする推進力伝達材
  FJリング・FJセンプラリング
積水化成品工業(株)土木資材事業部
FJセンターマネージャー
菅沼  敬 26
積水化成品工業(株)土木資材事業部
FJセンター
野口 貴広
積水化成品工業(株)土木資材事業部
東京土木資材グループ
渡辺 広治
・進化する曲線位置計測技術「prism」
  ─エースモールDL工法─
アイレック技建(株)技術本部 今田 達朗 32
・急曲線を通過後長く推進する コスミック工法協会技術委員長 作原 陽一 38
・ベルスタモール工法の取り組みと今後の課題 ベルスタモール工法協会事務局長 小宮山 清 43
・複数急曲線を低推進力で施工
  泥濃式推進エスエスモール掘進機
ジオリード協会事務局長 新川 大一 47
・NUC工法 理論の確立と技術の進展
       ひそむリスクと今後の課題
NUC工法協会事務局長
南野建設(株)技術部部長
高橋 正二 50
・曲線施工に不可欠な測量支援 ツーウェイ推進工法協会事務局 藤井 昭彦 56
・推進工法でいけるところまで、中からシールドに切替える
  という発想の転換
デュアルシールド工法協会事務局長 中村  浩 61
随 筆 ・THIRD CULTURE KID 
  〜人の中に故郷をもつ子どもたち、あなたの中の私の故郷〜
大林道路(株)営業部 鶴田 朋子 65
連載企画 推進工法の足跡 第27回
 ユニコーン塩ビ泥水推進工法研究会のあゆみ
ユニコーン塩ビ泥水推進工法研究会事務局長 橋  信吉 68
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第7回 滑材、滑材、裏込め注入の過不足(2) 74
東雛俳句会便り 第二十四回 推進工事現場で『俳聖・松尾芭蕉』が、
  現代にタイム・スリップして吟行・十句を詠みました。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 76
会 報 78
2010年度
推進工事技士試験合格者発表
79
機関誌監修および
編集委員会
81
Back Number 82
編集後記 84
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/最先端技術を探せ! 〜長距離推進への道のり〜
(2010年10月号)
巻頭言 地下管路建設のための推進技術 都市環境エネルギー協会理事長
(早稲田大学名誉教授)
尾島 俊雄 1
今月の推論 「平成23年度概算要求」評論 メメント・モリ 2
総 論 推進工法の長距離化とその課題
 長距離推進レコードは無人化施工でめざせ
日本下水道管渠推進技術協会技術部長 川相  章 4
解 説 ・長距離推進への要求が推進管と中押し管を進化させた 栗本コンクリート工業(株)技術部長 松井 繁憲 10
・塩化ビニル推進管を用いた小口径長距離曲線推進工法
  『ベル工法』の概要と今後の課題
  〜Vinyl Chloride Pipe Eco Friendly Long Tunnel〜
(株)ピーエス三菱土木本部土木部
(ベル工法協会技術委員)
前木 浩利 14
・温度差による管材の伸縮と測量誤差を考慮し、
  滞水層を低耐荷力泥水方式で長距離推進を実現
ユニコーン塩ビ泥水推進工法研究会 小島  功 18
・ミクロ工法(小口径高耐荷力方式)における
  長距離推進への挑戦
(株)森本組東京支店
(ミクロ工法協会技術委員)
山崎 貴弘 22
・施工者から見たこれまでの道のりと今後の発展
  小口径管高耐荷力方式長距離曲線推進ジャット工法
ジャット工法協会 濱田 十郎 28
・長距離推進、これまでの道のりと今後の提言 ジオリード協会会長 脇田 清司 35
・アルティミット工法・長距離推進の
  これまでの道のりと今後の課題
(株)機動建設工業関東支店長 和田 浩治 40
・長距離施工の未来基準
  〜推進工事会社として思うこと〜
丸岩推工(株)工事部長 岩永  信 48
・CMT工法における長距離推進の歩み (株)推研代表取締役 蒲田  洋 56
技術情報 「下水道推進工法の指針と解説」の改定について (社)日本下水道協会技術部参事兼技術指針課長 山本 尚樹 60
随 筆 ・キナバル登山 日特建設(株)技術本部 江藤 政継 65
連載企画 推進工法の足跡 第26回 超泥水加圧推進協会のあゆみ 超泥水加圧推進協会技術委員 肱黒 秀樹 73
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第6回 滑材、裏込め注入の過不足 80
東雛俳句会便り 第二十三回 「マンホール」も「陶器」も無機質ですが、
  最近、彼らに温もりを感じるようになりました。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 82
会 報 84
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/発進・到達技術の高度化
(2010年9月号)
巻頭言 横浜下水道の始まりと更新事業 横浜市環境創造局長 荻島 尚之 1
今月の推論 かの川が「最悪だった頃」を語り継ごう! 智恵須納人 2
総 論 高度化した発進・到達技術の現状と課題 (株)進幸技建 工事部次長
技術士(上下水道・総合技術管理)
山崎 芳行 3
解 説 ・立坑構築と推進工事の発進と到達
  〜立ちはだかる地下水に挑戦する地盤改良技術〜
(社)日本下水道管渠推進技術協会
技術委員会立坑部会長
(日特建設(株)技術本部・技術士 建設部門)
江藤 政継 10
・推進工法の適用分野を拡大する海底推進工法
  ─掘進機水中回収システムとその適用例─
機動建設工業(株)関東支店土木部係長 荒木 大介 16
・地山崩壊ゼロを切羽を開放せず
  掘進機で直接土留壁目指す到達方法の確立
ヤスダエンジニアリング(株)設計部課長 富田 昌晴 22
・(FFU)を切削 ─SEW工法の特長と適用─ 積水化学工業(株)環境・ライフラインカンパニー
滋賀栗東工場FFU技術課
高田  優 28
・切削可能土留壁SZパイルを用い切羽を開放せず
  直接発進到達
芦森工業(株)パルテム・ジオ技術ユニット次長 糸久  智 31
・ケーシング(ケコム)立坑から直接発進・到達
  ─DUCMM工法─
(株)錢高組 技術本部主席研究員 森  正嗣 36
(株)錢高組 技術本部主任研究員 竹中 計行
(株)コプロス ケコム部部長 高坪 正明
・薬液注入と鏡切り作業を省く
  ─小口径管推進工法用無薬注坑口コウワエントランス─
コウワ工法技術協会 青木 健一 42
・発進・到達坑口通過時のトラブルを解決
  大深度・高水圧対応型エントランスパッキン
六菱ゴム(株)技術部長 洲野 敬二 46
・産業廃棄物・温室効果ガス排出量・騒音・振動
  を削減し作業時間を短縮する
  ─プレキャスト支圧壁「バックロック工法」─
バックロック工法研究会 松村 武文 52
随 筆 ・Feeling down? Saddle up.
  フィーリングダウン? サドルアップ
大林道路(株)営業部 渡辺 文子 57
・私と写真 元オーケーモール協会事務局長 末永  皓 59
下水道展見て歩き 下水道展'10名古屋
 7/27(火)〜30(金)
 ポートメッセなごや(第2・3展示館)
名古屋市
上下水道局管路部
設計第二課設計第一係長
林 幹雄 65
技術情報 「推進工事における総合評価方式マニュアル」
  の発刊について
(社)日本下水道管渠推進技術協会技術委員会契約適正化部会
69
投稿 ・狭い道路で埋設管の流下性能をアップする
  管入替え工法 EXP工法
EXP工法協会 平井 正哉 72
EXP工法協会 佐藤 徹
・限りある資源「水」のリサイクルで技術に付加価値を!!
  フィルタープレス用高機能脱水剤「D-30」と
  重金属不溶化凝集・脱水剤「ソリガー」
クマケン工業(株)環境部取締役部長 熊谷 圭介 78
クマケン工業(株)秋田研究所長(工学博士) 成田 美雪
連載企画 推進工法の足跡 第25回 ハードロック工法協会のあゆみ ハードロック工法協会会長 吉田 裕司 82
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第5回 推進抵抗力増大 88
東雛俳句会便り 第二十二回 「虎は死して皮を留め、ゴルファーは病みて
  クラブを残し、私は老いて俳句・川柳を自在とす」
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 90
会 報 92
機関誌監修および
編集委員会
93
Back Number 94
編集後記 96
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/礫・玉石地盤に挑む
(2010年8月号)
巻頭言 仙台藩祖 伊達政宗公が築造した「四ツ谷用水」と仙台の街づくり 仙台市建設局下水道事業部参事 村上喜一郎 1
今月の推論 よくできた推論 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 礫・玉石地盤、トラブルのない施工のために 機動建設工業(株)関東支店工事部 矢萩 元彦 4
解 説 ・礫・玉石地盤における推進工法設計の留意点 (株)エイト日本技術開発保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野分野統括(本誌編集委員) 田口 由明 8
・大中口径管推進工法の礫地盤におけるトラブル防止
  礫地盤推進技術の高度化に欠かせない環境とは
(社)日本下水道管渠推進技術協会技術部長 川相  章 12
・礫・玉石推進に求められる掘削添加材および滑材の性能 (株)機動技研代表取締役 森長 英二 18
・礫・玉石地盤の推進工事における
  安全・安心な推進管を考える
  〜実は、推進管の仕事はこんなに過酷です〜
日本スーパーラインパイプ工業会中部支部長 二村 恵一 22
・CMT工法による玉石混り砂礫地盤への取組み CMT工法協会員(株)姫野組関西支店長 田中 基紀 26
・玉石混り砂礫地盤において長距離を克服! 機動建設工業(株)関東支店工事部長 舩橋  透 32
機動建設工業(株)関東支店工事部  泉  恵介
・巨礫破砕型エスエスモールにおける
  礫破砕の検証と施工実施
ジオリード協会事務局長 新川 大一 36
・礫・玉石(岩盤)推進の問題点とその対応技術の開発経緯
  ビートリガー工法
ベビーモール協会 重盛 知勇 40
・一軸圧縮強度360MN/m2を超える砂礫層
  および岩盤層の施工報告
 (大蔵3丁目地内雨水(その2)合流改善管渠築造工事)
ラムサス工法協会事務局 渡部  剛 45
・勘違いだったビット磨耗 ヤスダエンジニアリング(株)設計部課長  富田 昌晴 48
・1000mmの礫を含む地盤にφ1000のユニコーンが挑む ユニコーン協会事務局長 本田 新一 54
連載企画 推進工法の足跡 第24回 ラムサス工法協会のあゆみ ラムサス工法協会事務局 森  勇二 58
随 筆 安心の技術、不安の技術 環境新聞社月刊下水道編集長 阿部 恭二 65
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第4回 推進抵抗力増大 70
東雛俳句会便り 第二十一回 俳句音痴が招いた過去の
 「信濃路のある夫人と浮気した思い出」を述懐する
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 73
2010年度
推進工事技士試験
(学科)合格者発表
77
会 報 80
機関誌監修および
編集委員会
81
Back Number 82
編集後記 84
2010年度
推進工事技士試験
(学科)試験問題
後付
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/ここまで発展進化した推進技術
(2010年7月号)
巻頭言 「下水道展'10名古屋」の開催に寄せて 名古屋市上下水道局長 三宅  勝 1
今月の推論 今、言いたいこと 木偶坊 2
推進技術
「下水道展'10名古屋」
の見どころ
・「下水道展’10名古屋」へようこそ ─名古屋市上下水道局からのお知らせ─ 4
・地域環境を守りつつ、安全、効率的な下水道整備に貢献する「推進工法」 7
・推進技術関連見学ルートおよびダイジェスト記事目次 8
・推進技術関連ダイジェスト記事 10
総 論 最先端・推進技術の真価はここにあり (社)日本下水道管渠推進技術協会専務理事
(本誌編集委員長)
石川 和秀 17
解 説 ・大中口径推進工の最先端
  〜こんなことまで出来るのか!〜
機動建設工業?取締役専務執行役員
(本誌編集委員)
中野 正明 23
・小口径管推進工法の長距離・曲線技術のチャレンジは
 まだまだ続く
(株)エイト日本技術開発保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野 分野統括(本誌編集委員) 田口 由明 28
・地山・地盤への挑戦から環境配慮・高品質の対応へ (株)イセキ開発工機営業技術部長
(本誌編集委員)
佐藤  徹 33
・割って入替え、サイズアップした新管で流下能力アップ
  ─改築推進工法─
大林道路(株)顧問(本誌編集委員) 平井 正哉 38
・推進工事の平成維新“超大口径管”で新時代へ (株)奥村組土木本部土木統括部営業推進課課長
(本誌編集委員)
西口 公二 44
・特殊な施工条件下で活躍する推進管材 日本ゼニスパイプ(株)常務取締役技術本部長
(本誌編集委員)
阿曽 伸悦 48
・推進工法の非開削メリットを発揮させるための立坑
  ─最先端の立坑技術と将来展望─
(社)日本下水道管渠推進技術協会技術部長
(本誌編集委員)
川相  章 53
・推進世界をリードする小口径管推進工法
  低耐荷力方式の技術を機関誌「月刊推進技術」から読む
日本下水道管渠推進技術協会低耐荷力部会長 澁谷  宏 58
・暗中模索、どこへ到達、最新技術が解決 (株)ソーキ常務取締役(本誌編集委員) 稲葉 富男 63
・推進工法の縁の下の力持ち 推進材料の最先端 松村石油(株)営業本部長付化成品担当
(本誌編集委員)
新   律 68
随 筆 『午後TEA友の会〜香港でニーハオ!』の巻 長野油機(株)営業部  浦上  恵 73
投 稿 泥水式ラムサス掘進機での施工報告 ラムサス工法協会事務局 森  勇二 81
ニュースFlash 86
Q&A 施工条件により昼夜間施工、変則昼夜間施工する場合の平均労務単価の算出方法は? 88
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第3回「急激な方向制御」 90
東雛俳句会便り 第二十回 EU諸国へ旅をするなら
 「俳句(HAIKU)」を嗜んでおくと得をする
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 93
平成22年度
(第21回)黒瀬賞
96
会 報 100
機関誌監修および
編集委員会
101
Back Number 102
編集後記 104
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/多様な断面ニーズに応える推進技術
(2010年6月号)
巻頭言 流域全体の水環境を捉えた下水道施策 相模原市都市建設局土木部長 古川 交末 1
今月の推論 棒ほど願って針ほど叶う「金の卵も生もの、時間がたてば腐る」人材育成考 傍若無人 2
総 論 都市地下空間の有効利用 (株)奥村組東日本支社 土木技術部技術課長 中村 誠喜 3
解 説 ・ボックスカルバート推進工法による矩形空間の構築技術
  〜密閉型ボックス掘進機による
   大断面・長距離・曲線施工事例〜
飛島建設(株)関東土木事業部
UR大宮西作業所現場代理人
岡本 隆史 6
(株)アルファシビルエンジニアリング
(博士(工学)・技術士)
酒井 栄治
(株)アルファシビルエンジニアリング(技術士補) 松元 文彦
・アンダーパス構築に使われる推進技術 アンダーパス技術協会 丸田 新市 20
・袋田の滝新観瀑台建設工事のための
  上向き推進工法による先進導坑掘削
(株)鴻池組東京本店土木部所長 新井 冠作 24
・THパイプルーフ工法による掘削断面形状例について THパイプルーフ技術協会 関根 克宏 30
・馬蹄形渠の優位性 アーチカルバート推進工法 日本アーチカルバート工業会 阿曽 伸悦 34
・φ6,750mmの大口径セグメント推進の施工事例 (社)日本下水道管渠推進技術協会技術部長 川相  章 40
ニュースFlash 46
随 筆 野球づくしの自分史 芝浦工業大学柏高校2年 本田 英樹 49
投 稿 地域に密着、下水道工事イメージアップ作戦
 見学会開催で工事への理解を求め、
 下水道汚泥のリサイクル肥料と花の種を配布
本間道路(株)工事部工事課長 富井 博文 57
連載企画 推進工法の足跡 第23回 コマンド工法のあゆみ コマンド工法協会会長 小谷 謙二 62
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第2回「元押ジャッキ加圧方法」 70
行政情報 下水道工事等の適正な執行 平成22年全国下水道主幹課長会議(第1回)資料の抜粋 72
平成20年度下水道工事主要資材・機器・工法の発注動向 75
東雛俳句会便り 第十九回 驚異的な超老人・日野原重明先生(100歳)は、
 『脳生き生きの俳句療法学会』の名誉会長
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 79
会 報 84
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/ 岩盤に挑む、推進技術
(2010年5月号)
巻頭言 若者にとって魅力ある業界に 広島市下水道局長 向井 政博 1
今月の推論 洗脳効果!? Mパパ 2
総 論 岩盤推進技術に関する動向 九州大学大学院工学研究院
地球資源システム工学部門准教授
島田 英樹 3
九州大学大学院工学研究院
地球資源システム工学部門助教
笹岡 孝司
九州大学大学院工学研究院
地球資源システム工学部門教授
松井紀久男
特別寄稿 岩盤・巨礫に挑み続けて30年
「岩盤・巨礫推進の基本的考え方と対処方法」
 ─本間良治先生の講演論文より─
(株)推研専務取締役 野田  彰 7
解 説 ・本格的な岩盤掘進機の開発とオーストラリアでの施工事例 (株)イセキ開発工機海外営業部課長 鈴木 昭彦 22
・岩盤層における長距離・曲線推進を可能にする
  複合推進システム ─CMT岩盤推進システム─
(株)推研常務取締役 内田 欣弥 28
・ビットの軽量化と耐磨耗性の向上への課題
  (ユニコーンからユニコーン・ロングまで)
ラサ工業(株)(ユニコーン協会事務局長) 本田 新一 34
ラサ工業(株)(ユニコーン協会事務局員) 日高 良司
・さらなるコスト縮減を実現
  ヒューム管を使って岩盤層を126m掘進
ロックマン工法協会技術委員 秋山 大一 39
ロックマン工法協会 船場 勝信
・硬岩層における長距離推進を可能にしたコブラ工法 ジオリード(コブラ工法)協会理事 鈴江 秀吉 44
・ダウンザホールハンマの打撃力で岩盤に挑む
  ハードロック工法
ハードロック工法協会会長 吉田 裕司 48
・岩盤・長距離推進に対応する超硬合金ビット
  「DIABIT(ダイヤビット)」の概要と特長
三菱マテリアル(株)加工事業カンパニー
超硬製品事業部販売統括3部
山本 元治 54
・DMT(Deutsche Montan Technologie)技術導入の
  経緯と研究開発
スターロイ(株)取締役技術部長 小田  登 58
・カッタから面盤の設計製作まで (株)ハンナンテックス出雲工場 設計リーダー 難波 明弘 60
随 筆 生活習慣病のグルメ日記 青木あすなろ建設(株)技術営業本部 飯塚 尚史 65
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第1回「外圧の集中」 74
Q&A 小口径管推進工法低耐荷力方式の泥水、泥土圧方式の積算基準を改訂しましたか? 77
東雛俳句会便り 第十八回 俳聖芭蕉の「明けゆくや二十七夜も三日の月」を
 理解しないと、小学生に侮辱されますよ。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 81
会 報 83
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/ トラブルを発生させないための現場のサポート
(2010年4月号)
巻頭言 新たな年度を迎えて 国土交通省下水道部下水道事業課長 岡久 宏史 1
今月の推論 「善もせず地蔵もほめず」では困る ─世界一の日本の推進技術を衰退させるな─ 閻魔大王 2
総 論 工事の安全と品質向上を図る現場のサポート体制 戸田建設(株)本社土木工事部機電課課長
(兼)本社土木技術営業部主管
市川 政美 3
解 説 ・推進オペレータの苦労と努力に報いる支援技術
  エースモールDL工法
アイレック技建(株)技術本部 高木 克典 6
・調査・計画から施工段階まで責任の明確化と
  情報共有化でヒューマンエラーの防止を!
(株)アルファシビルエンジニアリング
代表取締役兼開発本部長
酒井 栄治 12
・品質マニュアルに基づく現場情報の共有化
  施工計画書と施工検討会議議事録を合体し品質計画を実現
大林道路(株)関東支店 米田 雅俊 18
・事前検討、現場状況の共有化、問題解決の検討を
  部門全員でバックアップ
奥村組土木興業(株)技術部マネジャー 作原 陽一 22
奥村組土木興業(株)工事部特需工事課主事 西川 道彦
・現場情報を携帯メールで全社員共有化
  過去の工事例を踏まえた施工前検討会でトラブル回避
サン・シールド(株) 森  勇二 28
・WEBを利用したサポート体制で海外の現場も
  リアルタイムにサポート
三興建設(株) 越智 俊之 30
随 筆 ・門仲界隈・元八まん (日本エッセイストクラブ会員) 齋藤健次郎 33
・私とカンボジア(アンコールワット) 三菱・足立共同企業体所長 元・本誌編集委員 和田  洋 35
投 稿 大口径管による急曲線推進を施工して
 SSモール工法によるφ2400mm、R=25mに挑む
ジオリード協会会員 (株)亜細亜工事係長 原田 康宏 41
連載企画 推進工法の足跡 第22回 ミクロ工法協会のあゆみ ミクロ工法協会会長 間瀬 安之 45
技術情報 ・2010年度版推進工法用設計積算要領
  推進工法用応用編(長距離・曲線推進)改訂のポイント
(社)日本下水道管渠推進技術協会技術部長 川相  章 56
・       〃
  小口径管推進工法低耐荷力編 改訂のポイント
(社)日本下水道管渠推進技術協会
低耐荷力部会部会長
澁谷  宏 62
Q&A 呼び径2000で曲線半径R=180mの曲線日進量の計算方法は? 66
連載企画 推進和尚のトラブル対策 予告編「トラブル要因の分析」 68
東雛俳句会便り 第十七回 「佐賀のがばい婆ちゃん」から俳句の『省略』を
 習得し「国母和宏選手」の『品格欠落』を悪例に
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 71
会 報 73
機関誌監修および
編集委員会
77
Back Number 78
編集後記 80
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/環境対策 ゼロエミッションへの挑戦
(2010年3月号)
巻頭言 条理整然と物事を伝える 札幌市建設局理事 宮浦 哲也 1
今月の推論 “外に向かって発信せよ”下水道人 ユウタロウ 2
総 論 総合評価方式において推進工法に求められる環境対策 (株)熊谷組首都圏支店顧問 阿部 勝男 4
解 説 ・発生汚泥の資源化でゼロエミッション下水道を目指す
  ─東京都下水道局─
東京都下水道局建設部設計調整課長 池田 匡隆 7
・循環型社会実現に望まれる推進工法とは
  横浜市の取り組み
横浜市環境創造局施設整備部
管路整備課担当課長補佐
水上 典男 9
・推進工事における環境への配慮について 大阪市建設局下水道河川部管渠担当係長 河内  伸 13
大阪市建設局下水道河川部管渠担当 田口 大輔
・建設発生泥土を繊維質で再資源化 ─ボンテラン工法─ 東北大学大学院環境科学研究科教授 高橋  弘 18
・建設残土の軽減・リサイクルを実現する
  環境対策型泥濃式推進工法
  ─サクセスモール工法─
ジオリード協会会長 脇田 清司 24
・管材製造で発生する廃棄物を再資源化する
  センフィニティーシステム
中川ヒューム管工業(株) 服部 惠光 30
・作業の効率化と環境に優しい裏込材。
  二次処理にPACは古い
  TMセッター375とソイルフレッシュ(R) P-101
(株)立花マテリアル東京支店営業第2課係長 古澤 伸幸 36
随 筆 沖縄滞在10年 (有)アーバンエンジニアリング技術顧問
元:大林道路?推進工法部長・日本下水道管渠推進技術協会技術委員・SH工法研究会(現SHスーパー工法協会)事務局長
芦野 勝邦 41
投 稿 新たな挑戦 S字曲線を含む急曲線推進
 既設2号人孔到達で掘進機の外殻まですべてを分割回収
ヤスダエンジニアリング(株)設計部課長 富田 昌晴 45
東雛俳句会便り 第十六回 「あなたは作詞家になれる!」
  なぜなら、あなたが俳句の効用を活かせるからだ。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 57
会 報 61
機関誌監修および
編集委員会
65
Back Number 66
編集後記 68
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/自動化施工への挑戦
(2010年2月号)
巻頭言 “挑戦”する心を忘れずに 北九州市建設局下水道・河川担当理事 大原 邦夫 1
今月の推論 推進工法の必殺仕分け法 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 推進工法の自動化は夢への挑戦! (株)株アクティオ本社広域営業部専任部長
技術士(建設部門)
大林 正明 3
解 説 ・エースモール工法が目指した自動化への取り組みと
  将来展望
アイレック技建(株)
(エースモール工法協会技術委員)
日野 英則 7
・あらゆる施工環境下で長距離・曲線推進の可能性をめざす
  小口径管推進工法 ─ジャット工法─
ジャット工法協会 濱田 十郎 15
・自動化技術で負担低減 安全と品質確保 機動建設工業(株)関西支店工事部課長補佐 吉田 桂三 23
・長距離推進工事 必要となる自動化技術 (株)福田組土木事業本部技術企画部
技術企画第三グループ長
石塚 千司 27
・施工効率化を目指す掘進管理システム (株)アクティオエンジニアリング事業部事業副部長 田澤 智文 33
(株)演算工房生産技術部 井關 博喜
(株)演算工房商品開発部 藤田 裕司
連載企画 推進工法の足跡 第21回 アルティミット工法協会のあゆみ アルティミット工法協会広報委員長 佐野 哲雄 40
随 筆 ・トルコ旅行のすすめ ラサ工業(株)機械事業部東京営業所 増田 景子 49
・吾輩は寅である (株)LSプランニング代表取締役 大屋  健 54
投 稿 塩化ビニル管小口径長距離・曲線推進工法
 「ベル工法の概要と施工報告」
(株)森本組東京支店UR千葉NT?作業所長 西村 浩幸 57
ベル工法協会技術委員 山崎 貴弘
Q & A 第39回 小口径管推進工法 低耐荷力方式 泥水一工程式の各使用機器の供用日の算出方法は? 62
東雛俳句会便り 第十五回 俳人の方がゴルファーより
     「呆けない長寿命化人間が多い」との話
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 67
会 報 68
機関誌監修および
編集委員会
69
Back Number 70
編集後記 72
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進技術、未来を語る
(2010年1月号)
巻頭言 チャンスを掴み取る一年に 国土交通省下水道部長 松井 正樹 1
今月の推論 “怒れ”下水道人よ 木偶坊 2
新年のごあいさつ (社)日本下水道管渠推進技術協会会長 中野 正明 4
新春座談会 推進市場 今後の動向と協会のあり方を語る (社)日本下水道管渠推進技術協会会長
(機動建設工業(株)取締役専務執行役員)
中野 正明 5
(社)日本下水道管渠推進技術協会副会長
(大林道路(株)執行役員)
平井 正哉
(社)日本下水道管渠推進技術協会副会長
((株)奥村組取締役執行役員)
土谷  誠
(株)熊谷組首都圏支店顧問 阿部 勝男
(社)日本下水道管渠推進技術協会専務理事 石川 和秀
月刊推進技術発行人 小田 泰平
未来展望 ・「管材」が「管財」に変わるとき 日本ゼニスパイプ(株)取締役技術本部長
(本誌編集委員)
阿曽 伸悦 16
・測量技術の未来を語る (株)ソーキ技術開発部
(本誌編集委員)
稲葉 富男 18
・2010年「月刊推進技術」初夢
  「推進工法に未来はあるか?」
(社)日本下水道管渠推進技術協会
(本誌編集委員)
川相  章 20
・推進技術の未来について
  〜責任ある貢献と無責任な発想〜
(株)イセキ開発工機営業技術部長
(本誌編集委員)
佐藤  徹 23
・高性能・低環境負荷をめざす
  推進工法用材料(薬剤)の未来
松村石油化成(株)技術部係長 田村 貴司 26
・推進技術は宇宙へ旅立つ! (株)エイト日本技術開発ライフライン水防災グループ
グループマネージャー(本誌編集委員)
田口 由明 28
随 筆 ・2年目の目標 大林道路(株)総務部総務課 山内 和歌子 33
・一人暮らしを始めて 日本ゼニスパイプ(株)技術営業課 松谷 貴大 34
・森田さんちの趣味工房 ─ 鉄道模型編 ─ (社)日本下水道管渠推進技術協会事務局長 森田 芳樹 35
・『継続は力なり』 〜柔道を通じ学んだ事〜 機動建設工業(株)統轄本部総務部 三村 昂平 38
投 稿 東南アジアにおける近年の推進工事プロジェクト (株)イセキ開発工機海外営業部課長 鈴木 昭彦 41
連載企画 推進工法の足跡 第20回 超流セミシールド協会のあゆみ 超流セミシールド協会会長 時枝 直人 47
Q & A 第37回 「中押○段」を使用した場合の許容推進延長(L)を求める場合の留意点は何か? 54
東雛俳句会便り 第十四回 『初旅やいずく決まらぬことを決め(郷顔)』
 に困惑。俳句は決めが必要!
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 56
会 報 59
機関誌監修および
編集委員会
61
Back Number 62
編集後記 64
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。