特集/推進工法における知的財産
(2012年12月号)
巻頭言 平成24年度入札・契約、
 総合評価の実施方針[工事]について考える
林道路(株)執行役員エンジニアリング部長
(当協会理事)
益子 佳久 1
今月の推論 余計な話? 怖ろしい話?(工事安全は企業利益に繋がらない?) 傍若無人 2
総論 ・注入技術の適用と今後の課題
  ─可塑性滑材の諸特性ならびに問題点─
九州大学大学院
工学研究院地球資源システム工学部門准教授
島田 英樹 3
都市基盤・環境・資源センター研究員 吉田 安廣
九州大学大学院工
学研究院地球資源システム工学専攻博士後期課程
千田  尚
九州大学大学院
工学研究院地球資源システム工学部門教授
松井紀久男
・推進工法における注入材料の適用
  (滑材・添加材・裏込め材に求められる性能)
機動建設工業(株)機動技研 森長 英二 10
解 説 ・泥濃式推進工法における周辺地盤への影響と軽減システム (株)アルファシビルエンジニアリング技術部長
(技術士補)
松元 文彦 14
・小土被り・無水砂礫層における
  推進力抑制対応の滑材注入方法について
  ─管周混合推進工法の高礫層注入事例─
(株)関電工埼玉支店電力設備部 菅原 康之 23
(株)イセキ開発工機工事部 関川 雅幸
・地中障害物対応型泥濃式推進工法(ミリングモール工法)
  による掘進機内からの薬液注入
ヤスダエンジニアリング(株)設計課長 富田 昌晴 28
・推進工事に適した滑材兼用裏込め材「スローアクト」 三協マテリアル(株)代表取締役社長 土井  隆 35
三協マテリアル(株) 飯野 益彦
・泥濃式推進工法で使用する高濃度泥水調整剤について 松村石油化成(株) 田村 貴司 40
・裏込め材の逸泥対策 (株)立花マテリアル東京支店営業2課 古澤 伸幸 43
・止水性、流動性、非圧密性、低摩擦性に優れた
  泥土圧推進・シールド工法用高性能作泥材
  「こんにゃくマッド」
(株)ジオックス技術営業部 大久保 勝 46
(株)ジオックス技術営業部 今井 一裕
・推進工事材料に使用する材料のコンパクト化および
  小スペース作液プラント
テクニカ合同(株)東京営業所 渡部  孝 50
随 筆 ・オスティア・アンティカ 日本エッセイストクラブ会員 齋藤健次郎 57
・北イタリア料理の秋の食材 アイレック技建(株)取締役非開削推進事業本部長 澤口  明 59
投 稿 東京都における下水道の改築更新の取り組み
 〜改築推進工法の工事実施報告〜
東京都下水道局中部下水道事務所建設課 寺本 康宏 61
東京都下水道局中部下水道事務所建設課 渕田 健太
海外視察報告 第2回 日本・台湾推進技術交流会議を開催 (公社)日本推進技術協会事務局長 森田 芳樹 67
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第32回 支圧壁の変位・損傷(2) 76
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第9回)役に立つ「地名」の味のある話(9)
   ─日本の地名・島・湖沼などの通になる(九州編)─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 80
会 報 84
年間総目次 85
機関誌監修および
編集委員会
89
Back Number 90
編集後記 92
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法における知的財産
(2012年11月号)
巻頭言 北欧のスマートファシリティーに思う 日本コムシス(株)特別参与(当協会監事)
サンワコムシスエンジニアリング(株)代表取締役社長
奥  要治 1
今月の推論 「デリケートとグローバル」な詮索をする ─ノーベル賞受賞の意気込みで臥薪嘗胆の努力を─ 傲慢スマートシニア 2
総論 知的財産の概要および施策 特許庁審判部第4部門(自然資源・住環境)部門長 高橋 三成 4
解 説 ・特許権を取得するための手続について 磯野国際特許商標事務所所長代理弁理士 町田 能章 8
・建設業における知的財産のあり方 大成建設(株)知的財産部参与 大野  茂 12
・推進工法に係る知的財産
  ─当社の知的財産権への取り組み─
機動建設工業(株)土木本部特許課 本間 千尋 16
・推進工法における知的財産
 (推進機械・設備等に係る知的財産)
(株)アルファシビルエンジニアリング
代表取締役社長兼取締役事業本部長
酒井 栄治 22
・測量技術における知的財産特許の疑問を解決する話 (株)ソーキ顧問 稲葉 富男 29
・コンサルタントにおける知的財産 (株)エイト日本技術開発
保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野分野統括
田口 由明 34
覆面座談会 特許制度は推進技術の進化発展に寄与したか Aさん・Bさん・Xさん・Yさん 38
【進行役】
(公社)日本推進技術協会専務理事(本誌編集委員長)
石川 和秀
随 筆 韓国の仏教寺院とTemplestay、古都、
 そして両班村を歩く?
(株)エイト日本技術開発
保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野分野統括
今中 京都 49
連載企画 推進工法の足跡 第46回
 塩化ビニル管・継手協会のあゆみ
塩化ビニル管・継手協会技術・環境部部長 相本 義昭 57
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第31回 支圧壁の変位・損傷 64
東雛俳句会便り 第四十回 人間の評価は学歴でも地位でもなく、
      人間力・知識力・仕事力・努力・絆力!
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 72
会 報 74
2012年度
推進工事技士試験
合格者発表
75
機関誌監修および
編集委員会
77
Back Number 78
編集後記 80
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/低耐荷力方式 礫・帯水層・長距離への挑戦
(2012年10月号)
巻頭言 禍転為福 中川ヒューム管工業?代表取締役社長(当協会理事) 中川喜久治 1
今月の推論 グリーンの時代というがブルーになるだけ メメント・モリ 2
総論 ・今、低耐荷力方式推進技術にもとめられるものは? (株)東京設計事務所
下水道グループ下水道第1チーム主幹
出來山敏久 4
・低耐荷力方式の適用範囲拡大と新たな用途 (公社)日本推進技術協会技術委員会低耐荷力部会長 青木 健一 7
解 説 ・砂礫層および軟岩等の厳しい施工条件を克服してきた
  アンクルモールV工法
アンクルモール協会事務局長 猪狩 幸夫 11
・世界で初めて塩ビ管推進を可能とし世界に進出する
  エンビライナー工法
エンビ・ホリゾン推進協会事務局長 嶋野  亨 17
・圧入二工程式と圧入二工程の泥水式で掘削適用範囲を拡大
  スピーダー工法、スピーダーパス工法
スピーダー協会事務局長 大石 益平 23
・低耐荷力方式の適用範囲拡大と新たな用途マシンから
  ツールスへ「圧入二工程式パイパー工法」
パイパー工法協会技術委員 楠本 建市 27
・さまざまな施工条件に対応するアタッチメントで
  威力を発揮するDRM工法
PIT&DRM協会((株)三成技建) 手嶋 良光 32
・帯水層や礫地盤での実績から進化した
  ユニコーンDH-ES工法
ユニコーン塩ビ泥水推進工法研究会 小島  功 37
追悼 ・「日本の推進技術を世界に」の中本翁逝く
   ─現代社会に長く生きて欲しかった人物─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 41
・あの笑顔の中本正則さん逝く
(私の脳裏に焼きつく、良き上司、且つ相談方、永い友人で尊敬する方)
元・(社)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 44
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第30回 地盤変位(3) 50
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第8回)役に立つ「地名」の味のある話(8)
   ─日本の地名・島・湖沼などの通になる(北海道編)─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 54
会 報 60
機関誌監修および
編集委員会
61
Back Number 62
編集後記 64
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進技術 ─多様性を発揮して大活躍─ その2
(2012年9月号)
巻頭言 推進工法雑感 戸田建設(株)執行役員土木工事技術部長
(当協会理事)
多田 幸司 1
今月の推論 今こそしたたかな国土造りを 智恵須納人 2
提言 地域熱供給事業の発展における推進工法への期待 (一社)都市環境エネルギー協会理事長
(早稲田大学名誉教授)
尾島 俊雄 3
早稲田大学理工学研究所客員講師 中嶋 浩三
解 説 ・油断大敵。超軟弱地盤、浮力と松杭に挑む
  ─WSP水道用推進鋼管推進─
ヤスダエンジニアリング(株)設計課長 富田 昌晴 9
・山へ、海へ、都市へ、多様化の推進技術 オーケーモール協会事務局長 久喜 正博 16
・軟弱地盤も岩盤も残置障害物をも切削し完工 (株)常磐ボーリング営業部主任 瀬谷 弘樹 19
・単純ベビーモール工法は多様性発揮も日常茶飯事 東京油機工業(株)代表取締役社長 重盛 知勇 22
・インパクトモール工法 多様性を発揮した施工事例 インパクトモール協会会長 前川 英昭 38
・全断面を有効に配管 懸垂式配管工法の施工事例 (株)カナエ執行役員開発技術部長 石渡 信之 31
(株)カナエ開発技術部副長 清水 恭一
・本管保護と摩擦低減
  スムーズでスピーディーな配管を目指して
(株)ニシヤマ営業技術部技術グループ 石井  肇 35
・浮力で摩擦を低減
  長距離推進管内浮力式配管工法(FT工法)の施工事例
日鉄パイプライン(株)技術本部技術開発部 茂木 孝祐 39
トピックス 下水道展'12神戸編集委員のいち押し! 43
随 筆 韓国の仏教寺院とTemplestay、古都、そして両班村を歩く? (株)コミューチュアエースモール工法協会理事 今中 京都 49
投 稿 ・推進とシールドの特長を活かしたエコスピードシールド工法
  京都市 大手筋北幹線(その1)公共下水道工事施工報告
エコスピードシールド工法協会事務局 技術・積算 檜皮 安弘 57
・住民の生活を守る切羽が視える改築推進工法 宇部市下水道部下水道維持課長 杉本 秀一 64
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第29回 地盤変位(2) 70
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第7回)役に立つ「地名」の味のある話(7)
    ─貴方はすぐに「国内外地名識者」になれる─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 74
会 報 76
機関誌監修および
編集委員会
77
Back Number 78
編集後記 80
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進技術 ─多様性を発揮して大活躍─ その1
(2012年8月号)
巻頭言 地層の面白さ (株)常磐ボーリング代表取締役社長(当協会理事) 瀬谷 陽一 1
今月の推論 バスに乗り遅れないために 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総論 推進工法の利点と推進技術の進歩が多様性を促し大活躍 (公社)日本推進技術協会技術部長 川相  章 3
解 説 ・ボックスカルバート推進工法の適用性と活用方法 (株)アルファシビルエンジニアリング技術営業部長
(技術士補)
松元 文彦 9
・高速道路横断函きょ工事での
  小断面エレメントけん引工法の施工事例
  ─HEP&JES工法の施工精度向上、速度向上に向けて─
鉄建建設(株)
エンジニアリング本部土木技術部
地下構造グループ課長代理
岩沢 理恵 18
・泥水式掘進機による
  パイプルーフ工法の適用拡大への取り組み
  アンクルモールの施工精度を活かしたパイプルーフ
(株)イセキ開発工機工事本部副本部長 佐藤  徹 24
・推進工法とシールド工法の利点を融合して
  地中送電管路を構築
  FS(複合システム)推進工法について
栗原工業(株)工務本部副本部長兼工務部長 湯本 和伸 30
・共同溝工事での推進工法採用による環境負荷低減対策 (株)奥村組機械主任 宇留間高広 38
(株)奥村組現場代理人 高畠 哲朗
(株)奥村組監理技術者 川嶋 英介
・海底到達で掘進機を回収 ─飼育用海水の取水管の築造─ 機動建設工業(株)
北陸営業所 工事課係長
原田 水胤 42
・山岳を貫通する導水管の新設ルートの施工事例 (株)推研営業部長 森山 泰一 48
随 筆 ・如何にして私はマンホールの写真を集め始めたか (株)奥村組 大槻 弥生 57
投 稿 現有の先導体にカッタガイドを装着した
 回転破砕推進方式(B)の施工事例
パイプキュア工法研究会事務局長 嶋野  亨 65
海外視察報告 ベトナム・レポート
 〜日本推進技術協会・海外調査団に同行して〜
(株)公共投資ジャーナル社「下水道情報」記者 大鶴亮太郎 70
連載企画 推進工法の足跡 第45回
 日本スーパーラインパイプ工業会のあゆみ
日本スーパーラインパイプ工業会中日本支部長 二村 恵一 78
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第28回 地盤変位 86
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第6回)役に立つ「地名」の味のある話(6)
    ─外国通になる「興味ある話」と「九州豪雨地名」─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 88
2012年度
推進工事技士試験
(学科)合格者発表
90
会 報 92
機関誌監修および
編集委員会
93
Back Number 94
編集後記 96
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/ここまで進化した推進技術
(2012年7月号)
巻頭言 日常生活を支えるインフラ整備の土木技術を次の世代へ 三井住友建設(株)常務執行役員土木本部副本部長
(当協会理事)
澤井 信樹 1
今月の推論 「地方自治体よ賢くあれ」と言いたい 木偶坊 2
総論 最先端・推進技術の真価はここにあり (公社)日本推進技術協会専務理事
(本誌編集委員長)
石川 和秀 4
解 説 ・大中口径管推進工の最先端
  じゃま物を避けたり取り除いて思い通りの管を
  敷設する推進工法
機動建設工業(株)取締役常務執行役員土木本部長
(本誌編集委員)
中野 正明 9
・小口径管推進工法の挑戦 (株)エイト日本技術開発
保全・耐震・防災事業部総合防災・保全分野分野統括
(本誌編集委員)
田口 由明 15
・多様化する低耐荷力方式 (公社)日本推進技術協会技術委員会低耐荷力部会長
(株)広和関東支店(本誌編集委員)
青木 健一 19
・鋼製さや管方式(鋼製管推進)
  困ったときの“お助けマン”
(株)熊谷組首都圏支店顧問
本誌編集副委員長
阿部 勝男 26
・下水管きょの再構築は改築推進工法が全て解決 アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部長
(本誌編集委員)
前田 公洋 32
・超大口径管推進工法 ─集中豪雨から都市機能を守る─ (株)奥村組土木本部土木統括部技術担当次長
(本誌編集委員)
西口 公二 37
・「立坑」 ─人間でいえば肺─ 横浜市旭区区民利用施設協会事務局長
(本誌編集委員)
石北 正道 43
・岩盤などの高強度、高硬度への対応進化 (株)イセキ開発工機工事本部副本部長
(本誌編集委員)
佐藤  徹 47
・断面が多様化する推進管材 ─矩形断面の優位性を探る─ 日本ゼニスパイプ(株)取締役技術本部長
(本誌編集委員)
阿曽 伸悦 52
・新たな息吹を見つけたか 推進測量技術の展開 (株)ソーキ顧問(本誌編集委員) 稲葉 富男 57
・滑材・掘削添加材への期待
  ─滑材・掘削添加材は推進技術のかなめ─
(公社)日本推進技術協会技術部長
(本誌編集委員)
川相  章 62
下水道展特集 ・これを見れば推進のトレンドがわかる 69
・2時間で全てまわれる!! 推進早見マップ付 70
・推進ダイジェスト 72
随 筆 ・門仲界隈・洲崎球場 日本エッセイストクラブ会員 齋藤 健次郎 81
・ヨーロッパの競馬場巡り 歴史時代作家 岳  真也 83
投 稿 掘進機から超高圧地盤改良および
 地中障害物の切断・除去を可能としたDO-Jet工法
DO-Jet工法研究会技術委員長 見澤 計夫 84
DO-Jet工法研究会事務局長 久  静夫
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第27回 推進管の破損(4) 100
東雛俳句会便り 第三十九回
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 105
会 報 107
平成24年度
(第23回)黒瀬賞
108
機関誌監修および
編集委員会
113
Back Number 114
編集後記 116
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/創刊300号記念 ─非開削推進技術の明日をよむ─
(2012年6月号)
巻頭言 夢の実現に向けさらなる技術開発を 一般社団法人 日本非開削技術協会会長
(本誌監修委員長)
松井 大悟 1
今月の推論 むむ、我慢ならん!この状況 傍若無人 2
座談会 世代を繋ごう推進技術 推進二代目大いに語る 三興建設(株)専務取締役 越智 俊之 4
地建興業(株)取締役副社長 宮地 秀将
ヤスダエンジニアリング(株)常務取締役 安田 一成
サン・シールド(株)管理本部長 米森 清祥
(公社)日本推進技術協会専務理事 石川 和秀
提 言 ・「新しき酒は新しき革袋に」の気宇で
  ─300号の持つ経過を讃え未来に備える─
環境資源研究所最高顧問工学博士
(元建設省下水道部長・地政研究家・俳人・作詞家)
中本  至(郷顔) 14
・日本の推進技術よ、世界に羽ばたけ! 日本水工設計(株)東京支社
水分野国際標準化検討委員会下水道部会座長
藤木  修 17
・「都市型非開削改築工法」としての推進工法に期待する 東京都下水道局建設部設計調整課長 新谷 康之 20
ダイジェスト版 推進技術歴史年表 23
読み直してみたい
印象に残る報文
・日本の推進工法の原点 (1928年2月18日〜2007年2月2日) 木村 宏一 44
・編集委員のお薦め50選 62
News Flash 68
随 筆 月刊推進技術 創刊300号を迎えて 月刊推進技術発行人 (株)LSプランニング顧問
小田 泰平 73
投稿 下水道再構築の要 心臓外科手術における心肺維持装置
 新下水道仮排水工法『マルチ-V工法(パスカル君)』誕生
三興建設(株)専務取締役 越智 俊之 89
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第26回 推進管の破損(3) 94
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第5回)役に立つ「地名」の味のある面白い話(5)
    ─話の主導権を握れる「興味ある市名」を覚える
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 96
特 報 98
会 報 100
機関誌監修および
編集委員会
101
Back Number 102
編集後記 104
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工事を支える測量技術 〜夢から現実への挑戦〜
(2012年5月号)
巻頭言 我が国インフラ技術の海外進出 アイレック技建(株)代表取締役社長
(公社)日本推進技術協会理事・
国際協力委員会委員長
立花 青一 1
今月の推論 推進技術の国際協力に檄を飛ばす ─役人的感覚では海外進出はできない─ 傲慢スマートシニア 2
総論 ・自動測量技術の現状と課題 (株)ソーキ常務取締役(本誌編集委員) 稲葉 富男 4
・推進工法における測量の留意点 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 9
解説 ・ドルフィン工法とSリード(旧名Sジャイロ)による
  小口径管推進曲線施工について
ドルフィン工法協会
(アースナビ推進工法協会設立準備委員会)
山田 俊則 13
(株)ジェイアール総研情報システム
(アースナビ推進工法協会設立準備委員会)
田村晋治郎
・考案されて15年。進化し続けるトータルステーション方式 (株)ソーキ開発部長 田中 政芳 18
・曲線位置計測技術「電磁法」と「prism」
  ─エースモールDL工法─
アイレック技建(株)非開削推進事業本部 今田 達朗 23
・電磁誘導測量システムを
  自走式電磁ロケータシステムとして利用
  モール・キャッチャー
(株)機動技研代表取締役(4月3日入稿) 森長 英二 28
・小口径長距離曲線測量・ジャット工法から
  障害物前方探査技術・ミリングモール工法への発展
ヤスダエンジニアリング(株)技術開発部長 濱田 十郎 31
・写真方式ジェッピー(Jeppy)の推進測量技術
 〜適用設計を超える施工事例 測量技術の限界を見極める〜
(株)ソーキ 米須 敏之 40
・ロボット測量による長距離曲線推進の
  『ミクロ工法』と『ベル工法』の挑戦
ミクロ工法協会副技術委員長 宮脇  宏 44
随 筆 バンクーバー遊学の記〜その2〜 (株)コミューチュアエースモール工法協会理事 今中 京都 49
博士論文抄録 推進工法を用いたパイプルーフ工法の
 周辺地山への影響に関する研究
九州大学大学院工学府地球資源システム専攻 佐藤  徹 57
連載企画 推進工法の足跡 第44回 カーブモール協会のあゆみ カーブモール協会事務局 三澤 浩幸 66
行政情報 平成24年度全国下水道主管課長会議資料の抜粋 72
平成22年度下水道工事主要資材・機器・工法の発注動向 78
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第25回 推進管の破損(2) 80
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第4回)役に立つ「地名」の味のある面白い話(4)
     ─海外発進は「その国を熟知すること」が不可欠─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 82
会 報 84
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/下水道再構築の切り札 〜改築推進工法〜
(2012年4月号)
巻頭言 PRはPublic Relationsの短縮形だそうです 国土交通省水管理・国土保全局
下水道部下水道事業課長
塩路 勝久 1
今月の推論 守・破・離 ランマ・サバクタニ 2
総論 下水道ネットワーク再構築の切り札となる改築推進工法 (公社)日本推進技術協会技術委員会改築推進部会長 森長 英二 3
解説 ・世の中見る眼が時代とともに変わる (一社)管路診断コンサルタント協会技術顧問 巽  良雄 6
・岩盤対応型に鉄筋切断用スパイラルビットを装着し
  下水道バイパスシステムをも構築した
  改築推進のパイオニア ─アイエムリバース工法─
アイアンモール協会技術部会長 酒井  宏 9
・改築推進の壁を次々と克服するリバースエースシステム
  ─どんなに傷んだ管も非開削で治します─
エースモール工法協会 日野 英則 12
・既設管路位置の変位量に左右されない回転破砕方式
  パイプキュア工法
パイプキュア工法研究会事務局長 嶋野  亨 19
・確実なる施工を可能にしたCMT式改築推進工法 CMT工法協会 (株)推研代表取締役 蒲田  洋 24
・既設管きょの撤去、埋戻し復旧、改築が可能
  Re3キューブモール工法
機動建設工業(株)関東支店工事部係長
荒木 大介 28
・老巧管を一気に飲み込み新しい管を敷設するUPRIX工法 SHスーパー工法協会 阿部  浩 34
・液状化地盤変動に強い三重構造による
  管路一体化を構築する OK-PCR工法
オーケーモール協会技術委員 持地 英実 38
・鋼管削進・取り込み・撤去・新管挿入の単純明快工法
  ベビーモール老朽管入替工法
ベビーモール協会事務局 重盛 知勇 41
・発進および到達立坑に既設1号マンホールを利用
  スピーダーSPM工法
(株)ホウショウEG取締役総括営業部長 影目 一夫 45
・数多ある改築推進工法の中で、EXP工法は更生工法に
  似ていますが、段差やたるみも補正します
EXP工法協会 平井 正哉 50
・老朽下水管を破砕しながら新管に入れ替えて
  次の50年を手に入れる
インパクトモール協会会長 前川 英昭 57
行政情報 東日本大震災における下水道の被害と対応 国土交通省水管理・国土保全局
下水道部下水道事業課企画専門官(3月2日入稿)
石井 宏幸 61
随 筆 台湾で愛されつづける日本人 〜八田與一さん〜 (公社)日本推進技術協会広報部長 澁谷  宏 65
国際協力レポート ベトナムから推進技術研修生 来日
 国土交通省が下水道分野の技術協力で招聘
 ─下水道業務支援センターと当協会で基礎知識から最先端技術を紹介─
(公社)日本推進技術協会事務局長 森田 芳樹 69
投 稿 前方探査&障害物切削撤去機能搭載型掘進システム
 本音で勝負! ミリングモール工法(MillingMole)
ヤスダエンジニアリング(株)設計課長 富田 昌晴 76
連載企画 推進工法の足跡 第43回 全国非開削普及協議会 全国非開削普及協議会会長 岡本 州雄 84
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第24回 推進管の破損 92
東雛俳句会便り 第三十八回
 「広島原爆」「東日本大震災」などの多くの大被災を
  俳句で綴った。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 95
会 報 96
機関誌監修および
編集委員会
97
Back Number 98
編集後記 100
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/自在型推進校 〜管路構築方法の新しい時代を切り拓く〜
(2012年3月号)
巻頭言 災害と土木技術者の使命 (株)奥村組取締役常務執行役員土木本部長
(当協会副会長)
土谷  誠 1
今月の推論 無かった頃は? 智恵須 納人 2
総論 推進工法が都市の下水管路施設を救う 東京都下水道局技術開発担当部長 中里  隆 4
解説 ・都市部の狭隘な道路下施工に対応した工法 デュアルシールド工法協会会長 南雲 重孝 8
デュアルシールド工法協会技術顧問 児玉 一大
デュアルシールド工法協会事務局長 中村 浩
・推進・シールド工法を併用した施工法による管路築造
  R=18m S字曲線(1工区)と軟弱地盤の軌道(2工区)
  手前で推進をシールドに切り替える
奥村・大林・鉄建・日本国土開発共同企業体所長 門口 達彦 14
奥村・大林・鉄建・日本国土開発共同企業体機械主任 吉田 英典
・推進工法とシールド工法の融合
  京都市における推進・シールド併用工事
  設計から施工準備について
ESS工法協会事務局 技術・積算 檜皮 安弘 22
・ハイブリッドモール工法
  推進工法のハイブリッド化で
  安定した施工と産廃の減量化を実現
ハイブリッドモール工法協会事務局長 前田 公洋 28
・鉄道を横断した後も長距離推進 二重管推進工法協会事務局長
(鉄建建設?土木本部担当部長)
八代 浩二 34
随 筆 東日本大震災を振り返って 福島県いわき市在住
(株)常磐ボーリング取締役製造部長
瀬谷 藤夫 41
連載企画 推進工法の足跡 第42回 ボックス推進工法協会のあゆみ ボックス推進工法協会会長 酒井 栄治 49
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第23回 その他のトラブル 58
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第3回)役に立つ「地名」の味のある面白い話(3)
      ─日本を大きな視野で眺めよう─
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本  至 62
会 報 68
機関誌監修および
編集委員会
69
Back Number 70
編集後記 72
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/雨に強い都市づくりと推進工法
(2012年2月号)
巻頭言 災害に強い街づくりに貢献する推進技術 鉄建建設(株)執行役員エンジニアリング本部長
(当協会理事)
菊地  眞 1
今月の推論 お手軽ミステリーの謎 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総論 都市型水害の減災と防災 ─都市型水害の実態と減災対策─ 関西大学環境都市工学部・教授 石垣 泰輔 3
解説 ・東京スカイツリー(R)の足元に下水道管を敷設する
  ─墨田区押上二丁目、向島一丁目付近再構築工事─
東京都下水道局東部第一下水道事務所建設課主事 須賀 俊明 7
・横浜市の総合的な浸水対策 横浜市環境創造局
下水道計画調整部下水道事業調整課長
目黒  享 12
・流域分割による雨水対策
  推進工法により輻輳する地下埋設物による
  厳しい制約を打開する
川崎市上下水道局下水道部管路課長 平田 和雄 16
・名古屋市の雨水対策
  推進工法による内径3,000mm雨水貯留管
名古屋市上下水道局技術本部建設部工務課主幹 三輪 敏明 20
・川口市の雨水対策事業
  貯留量3,600m3の雨水貯留管整備
  φ3,000mmの雨水貯留管2本を小土被りで
  上下の離隔1,100mmで敷設
川口市下水道部下水道推進課長 黒須 一雄 24
・軌道下推進は営業運転時間外3時間45分に制限
  推進力上昇を抑制したものとは?
(株)福田組大阪支店土木事業部上席工事所長 古塩 義博 28
・マッドマックス工法による雨水管きょの施工事例 ジオリード協会会長 脇田 清司 38
・雨水貯留管の設計には内圧規定が必須
  〜JSWAS A-8規格化までの背景〜
日本スーパーラインパイプ工業会中日本支部長 二村 恵一 46
・雨水貯留管としての超大口径推進管
  経済性とRC構造の現状
組立式超大口径推進管研究会会長 塩見 昌紀 51
・内水圧対応で威力を発揮する超大口径PC推進工法 超大口径PC推進工法研究会事務局 植竹 克利 55
・推進管を活用した浸水対策事例の紹介 全国Wジョイント管協会技術委員 中村 勝則 61
随 筆 還暦を迎えて ユニコーン協会事務局長 本田 新一 65
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第22回 浸水・出水(2) 76
東雛俳句会便り 第三十七回
 今回は「難解の市名と季語」を合体した「郷顔市名俳句」を
  提示しましたが、覚えると役に立ちます。
環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 80
会 報 84
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/我が推進 海外進出に向けて
(2012年1月号)
巻頭言 平成24年の年頭に思うこと 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 岡久 宏史 1
今月の推論 身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留め置かまし大和魂 木偶坊 2
新年のごあいさつ (公社)日本推進技術協会会長 中野 正明 2
特別寄稿 水ビジネスの海外進出に向けた取り組み 国土交通省水管理・国土保全局
下水道部下水道企画課課長補佐
本田 康秀 6
新春座談会 推進技術の海外進出に向けて
  〜公共団体編〜
東京都下水道局計画調整部計画課長 袰岩 滋之 10
横浜市政策局共創推進室国際技術協力課担当課長 奥野 修平
神戸市建設局下水道河川部計画課長 山地 健二
日本下水道事業団 国際室長 中沢  均
(公社)日本推進技術協会専務理事 石川 和秀
 推進技術の海外進出に向けて
  〜コンサルタント編〜
日本水工設計(株)取締役東京支店事業部部長 金井 重夫 22
日本工営(株)コンサルタント海外事業本部
環境事業部技師長td>
井上 弥九郎
(株)日水コン海外事業部担当部長 田中 郁夫
オリックス(株)
水事業プロジェクトマネージングディレクター
山本 賢一
(公社)日本推進技術協会専務理事 石川 和秀
 推進技術の海外進出に向けて
  〜推進関連企業編〜
機動建設工業(株)取締役常務執行役員土木本部長 中野 正明 36
ヤスダエンジニアリング(株)常務取締役 安田 一成
奥村機械製作(株)取締役技術部長 小野 潤治
(株)イセキ開発工機代表取締役社長 松崎 彰義
日本ヒューム(株)専務取締役 宮野川 繁男
日本ゼニスパイプ(株)代表取締役社長 塩見 昌紀
(公社)日本推進技術協会専務理事 石川 和秀
事例報告 ・世界30ヵ国以上でインフラ構築に今なお貢献中!!
  グローバルに活躍するアンクルモールシリーズ
(株)イセキ開発工機海外営業部 脇田 智晴 50
・難条件を克服した推進工法
  台湾で初の縦断急曲線推進を採用
前田建設工業(株)台北地下鉄(作)副所長 正岡 顕宏 56
台灣機動建設工程股有限公司總経理 刈谷 光男
・日本の技術支援を待つ台湾市場 台湾の下水道事情 恩田管路技術事務所 恩田  實 60
・台湾に第一歩を踏み出したエースモールDL工法
  ─台湾下水道整備への貢献のために─
アイレック技建(株)取締役非開削推進事業本部長 日野 英則 65
随 筆 バンクーバー遊学の記 〜その1〜 (株)コミューチュア エースモール工法協会理事 今中 京都 73
連載企画 推進工法の足跡 第41回 ベルスタモール工法協会 ベルスタモール工法協会事務局長 小宮山 清 77
連載企画 推進和尚のトラブル対策 第21回 浸水・出水 84
知らないで恥をかき、
知って得する常識
(第2回)役に立つ「地名」の味のある面白い話(2) 環境資源研究所最高顧問・元建設省下水道部長・工学博士・地名研究家・作詞家 中本 郷顔 86
会 報 88
機関誌監修および
編集委員会
89
Back Number 90
編集後記 92
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。