特集/地域社会の発展に貢献する推進業者(2016年12月号)
巻頭言 生産性向上による建設業の将来 三井住友建設(株)常務執行役員土木本部副本部長
(当協会理事)
村上 哲朗 1
今月の推論 誰が切り拓くか 太郎&三郎 2
総 論 地域産業発展と下水道
 〜地域産業の発展・成長のための北九州市の挑戦〜
北九州市上下水道局下水道部下水道整備課長 山田 正明 3
解 説 ・地域社会を守る建設業維持発展のための活動 大廣建設(株)代表取締役(上田市防災支援協会
「若年者雇用教育プロジェクトリーダー」)
宮原 政廣 8
・推進工事会社の実際 〜我が社の実情と課題 丸岩推工(株)代表取締役社長 岩永  信 14
・建設業を魅力あるものに (株)中村土木建設代表取締役 中村 陽公 18
・我が社の維持・発展の施策
  〜推進技術の継承、人材育成・確保
大栄建設(株)専務取締役 里  圭介 22
・三重県の下水道普及率向上に直轄工システムで貢献 藪建設(株)代表取締役 藪 光仁
27
随 筆 私の工事経歴と建設業の魅力 りんかい日産建設(株)東京土木支店
齋藤 裕幸 32
海外情報 第二期ホーチミン市水環境改善事業の現場報告 下水道グローバルセンターベトナム委員会委員長
日本大学教授
森田 弘昭 36
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第21回 標準管の管長L=2.43mって、何で決めたの?
      半管は、何のため?
推進豆博士 42
俳句会便り 第57回 中本郷顔記念 東雛俳句会便り 47
ゆうぞうさんの山紀行 第10回 キリマンジャロ登山 元横浜市下水道局 藤代 裕三 48
会 報 52
年間総目次 53
機関誌監修および
編集委員会
59
Back Number 60
編集後記 62
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/低耐荷力管推進工法 〜35年目の進化〜(2016年11月号)
巻頭言 防災・減災に果たす建設業の役割 りんかい日産建設(株)執行役員土木事業部
(営業担当)(当協会理事)
佐藤 幹男 1
今月の推論 公共工事の「監督」「検査」〜中小自治体技術者の在り方と技術力〜 傍若 無人 2
総 論 低耐荷力管推進工法これまで
 35年間のあゆみと将来に向けての展望
(公社)日本推進技術協会広報部長 澁谷  宏 3
解 説 ・エンビライナー工法の適用範囲拡大に向けた
  取り組みと礫・軟弱地盤対応の事例
(株)バイオテックス推進事業課課長 水村 和幸 10
・二工程目を泥水式にして適用範囲を拡大
  スピーダーパス工法 設計の留意点
スピーダー協会技術委員 大石 真樹 14
・ユニコーンDH-ES工法の最新施工実績と
  今後の進展について
ユニコーンES工法研究会事務局長 橋ヶ谷 直之 19
・軟弱地盤・帯水砂礫層・軟岩等へと適用範囲を拡大する
  アンクルモールV工法
アンクルモール協会事務局長 山田 照秀 25
・高耐荷力管推進のノウハウを活かし低耐荷力管推進で
  高礫率土質と長距離推進に挑むアイアンモール工法
アイアンモール協会事務局 小田桐 英樹 31
・塩化ビニル管を用いた長距離・曲線推進工法 ベル工法 ベル工法協会事務局
(真柄建設(株)ベル・ミクロ事業部)
苗田 徳照 35
・推進工法用硬質塩化ビニル管および
  継手の低耐荷力方式小口径推進工法における
  設計・施工上の留意点
塩化ビニル管・継手協会技術・環境部部長 松岡 克弘 43
随 筆 学生時代から現在までの歩み 五洋建設(株)土木本部環境事業部 大橋 史彦 51
これから建設業界を目指す学生へのメッセージ 五洋建設(株)土木部門土木本部土木設計部 佐野 雄大 54
投 稿 京都市 伏見3号・4号分流幹線(その2)公共下水道工事
 急曲線施工と既設マンホール到達とその対策
増田・大前JV現場所長 大森 利広 58
太田建設(株)代表取締役 太田 永周
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第20回 推進管の許容耐荷力は何で決まるの?
      曲線推進でも同じなの?
推進豆博士 65
ゆうぞうさんの山紀行 第9回 鳳凰三山 元横浜市下水道局 藤代 裕三 68
2016年度推進工事技士験
合格者発表
70
会 報 72
機関誌監修および
編集委員会
73
Back Number 74
編集後記 76
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法進化の歴史(2016年10月号)
巻頭言 グランドデザインを見据えた下水道事業の推進を! 五洋建設(株)土木部門土木営業本部第二営業部長
(当協会理事)
河上 清和 1
今月の推論 民間企業が下水道事業から離れていく! メメント・モリ 2
総 論 推進工法の歴史と発展(生かされた技術と消え去った技術) 機動建設工業(株)代表取締役社長(本誌編集参与) 中野 正明 4
解 説 ・ケーシングで先導管を引き戻す技術をヒントに開発
  エンビライナー工法進化の歴史
エンビ・ホリゾン推進協会事務局長 田  昌弘 10
・スーパーミニ工法の歴史と開発経緯 (株)奥村組東日本支社土木技術部技術2課長 木下 茂樹 14
・密閉型推進工法のさらなる進化を求めて
  〜ボックス推進工法が認知されるまでの歴史
(株)アルファシビルエンジニアリング取締役施工副本部長 松元 文彦 18
・チャンバ内コーンクラッシャ装備の礫対応で進化
  ユニコーン工法開発の経緯
ラサ工業(株)機械事業部東京営業所所長 池田 昌司 24
・元押装置の進化と歴史 長野油機(株)取締役 青木 博止 28
・推進自動測量のあゆみ (株)ソーキ顧問(本誌編集参与) 稲葉 富男 32
・推進工法用ヒューム管の変遷 全国ヒューム管協会事務局長 小山 信夫 38
随 筆 くだけた話 ベビーモール協会事務局 重盛 俊樹 46
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第19回 小口径管A-6と大中口径管A-2、径は別として、
      構造での違いは?
推進豆博士 50
ゆうぞうさんの山紀行 第8回 真っ赤かの雨飾山 元横浜市下水道局 藤代 裕三 54
会 報 58
機関誌監修および
編集委員会
59
Back Number 60
編集後記 62
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/ゲリラ豪雨から都市を救え(2016年9月号)
巻頭言 ヨコハマの下水道
 〜快適で安全・安心な生活のための下水道〜
横浜市環境創造局長 大熊 洋二 1
今月の推論 下水道をマイホームに例えて説明してみたら 知恵須納人 2
総 論 ・雨のかたち ─ボディラインを強調したい (株)東京設計事務所特任理事長岡技術科学大学客員教授 藤田 昌一 4
・新たな都市浸水対策 国土交通省水管理・国土保全局下水道部
流域管理官付課長補佐
斎野 秀幸 8
・「上尾市の雨水管理総合計画に関する実施可能調査」の
  概要とこれまでに得られた知見
上尾市上下水道部下水道施設課主査 中村 智洋 12
解 説 ・既設の下水道施設を有効活用した浸水対策の考え方と
  設計事例
(株)エイト日本技術開発東京支社副支社長
兼統括技術部長(本誌編集委員)
田口 由明 17
・横浜市旭区旭土木事務所の浸水対策 横浜市旭区課長補佐旭土木事務所
下水道・公園係長(環境創造局・道路局)
黒羽根 能生 24
横浜市旭区旭土木事務所下水道・公園係技術職員
(土木)
堀田 誠治
・大阪市の浸水対策と推進工法 大阪市建設局下水道河川部管渠担当課長
森 一夫 30
・番町幹線オーバーフロー分の桜田濠流入を阻止する
  高落差マンホールの築造
  
千代田区永田町一丁目、霞が関二丁目付近再構築工事
   東京都下水道局発注
前田・大日本建設共同企業体(特)永田作業所所長 林 幸一 34
・シールドから分岐発進して500mを長距離推進立坑用地が
  確保できない場所での浸水対策
(株)鴻池組東大阪シールド工事事務所現場代理人 島橋 寛 39
(株)鴻池組東大阪シールド工事事務所副所長 弦本 優司
・浸水対策用Wジョイント推進管の開発 藤村ヒューム管(株)技術開発本部技術営業部 吉本 勝彦 48
随 筆 くだけた話 ベビーモール協会事務局 重盛 俊樹 58
海外情報 第9回 日越政府間定期会議報告 下水道グローバルセンターベトナム委員会
委員長日本大学教授
森田 弘昭 62
トピックス 下水道展'16名古屋 編集委員のいち押し! 67
ニュースFlash 70
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第18回 塩化ビニル推進管の特長は何ですか?
      VP、VM管って何が違うの
推進豆博士 74
ゆうぞうさんの山紀行 第7回 北アルプスの名峰 槍ヶ岳 元横浜市下水道局 藤代 裕三 76
会 報 78
機関誌監修および
編集委員会
79
Back Number 80
編集後記 82
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/鋼製管推進工法 〜お助けマン&最後の切り札〜(2016年8月号)
巻頭言 推進工法 日本の素晴らしい技術を発展させるために (公社)日本推進技術協会専務理事 中島 英一郎 1
今月の推論 発注者の嘆き 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 過酷な施工条件に対応する鋼製さや管推進工法 (公社)日本推進技術協会技術委員会鋼製管推進部会長 石塚 千司 3
解 説 ・オーケーモール工法での特長を生かした施工事例 オーケーモール協会事務局長 岩瀬 征之 9
・他工法とのコラボ「複合推進」 SHスーパー工法協会技術員 瀬谷 藤夫 12
SHスーパー工法協会技術員 篠木 拓哉
・多くの難しい施工実績がお助けマンの存在となる ベビーモール協会事務局 重盛 知勇 17
・様々な施工トラブルに挑むロックマン工法 ロックマン工法協会理事(八千代エンジニヤリング(株)) 秋山 大一 23
グルンド興機(株) 日向 誠記
・推進工事のお助けマン鋼製さや管推進工法 (株)山野建設(PIT&DRM協会会員) 棹本 優彦 27
・到達数メートル手前で推進不能!?
  そんな時にもインパクトモール工法
インパクトモール協会 前川 英昭 32
・ビット交換が可能で長距離推進を得意とする
  パイプリターン工法
パイプリターン工法協会事務局長 秦  勝則 36
座談会 最後の切り札(スペードのエース)鋼管推進工法 オーケーモール協会(東邦地下工機(株)) 岩瀬 征之 40
SHスーパー工法協会((株)常磐ボーリング) 瀬谷 藤夫
ロックマン工法協会(環境ソリューションズ(株)) 小谷 謙二
ベビーモール協会((有)ラテラル・テック) 神山  秀
[進行役](株)熊谷組 阿部 勝男
随 筆 学生気分の私が社会人になるまで (株)イセキ開発工機工事本部副本部長(本誌編集委員) 佐藤  徹 54
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第17回 推進管にはどんな種類がありますか?
      呼び径って何のこと?
推進豆博士 56
ゆうぞうさんの山紀行 第6回 北アルプスの名峰 槍ヶ岳 元横浜市下水道局 藤代 裕三 58
会 報 60
2016年度推進工事技士験
(学科)合格者発表
61
機関誌監修および
編集委員会
63
Back Number 64
編集後記 66
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/日本の推進技術・最前線(2016年7月号)
巻頭言 「下水道展'16名古屋」が開催
〜多様なニーズに対応する技術に期待〜
名古屋市上下水道局長 丹羽 吉彦 1
今月の推論 熊本地震に思う 巌上松 2
総 論 日本推進技術のあゆみと最前線をみる 全国ヒューム管協会専務理事(本誌編集参与) 石川 和秀 3
解 説 ・大中口径管推進技術の現状 機動建設工業(株)関東支店長(本誌編集委員) 舩橋  透 9
・高耐荷力管推進工法 〜技術の基本と応用を振り返る〜 (株)エイト日本技術開発東京支社副支社長
(本誌編集委員)
田口 由明 13
・下水道管路敷設工事に留まらない低耐荷力管推進工法 地建興業(株)取締役営業部長(本誌編集委員) 西尾 王孝 19
・最後の切り札鋼製管推進工法の強み(2016年版) (株)熊谷組首都圏支店顧問(本誌編集副委員長) 阿部 勝男 25
・長寿命化対策における改築推進工法の役割 アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部長
(本誌編集委員)
森  治郎 33
・経済的で合理的な超大口径管推進工法 (公社)日本推進技術協会事務局長
(前(株)奥村組・本誌編集委員)
西口 公二 39
・立坑は推進工事において施工、精度、安全を左右する
  要である
住友重機械エンバイロメント(株)横浜営業所副所長
(本誌編集委員)
石北 正道 44
・特殊地山に対応可能な推進技術のトラブル発生要因と
  地山、土質調査の重要性
(株)イセキ開発工機工事本部副本部長
(本誌編集委員)
佐藤  徹 51
・最先端の下水道用推進管技術
  〜安全・安心な社会を守る推進管〜
(公社)日本推進技術協会技術委員会(本紙編集委員) 人見  隆 56
・測量における基礎技術の大切さ (株)ソーキ顧問(本誌編集委員) 稲葉 富男 59
・注入材(添加材)に求める課題 (公社)日本推進技術協会技術部長(本誌編集委員) 望月  崇 65
・推進工事に伴う地盤改良工法 日特建設(株)技術本部調査役(本誌編集委員) 小野 千代昭 68
下水道展特集 ・これを見れば推進のトレンドがわかる 75
・2時間で全てまわれる!! 推進技術見学ルートマップ 76
・推進ダイジェスト(下水道展ガイドブック電子版とダイジェスト記事がリンク) 78
随 筆 ・学生時代を振り返って 戸田建設(株)土木工事技術部技術2課 中山 卓人 86
・私がトンネル(地質)屋になった理由 戸田建設(株)土木工事技術部技術1課 法橋  亮 88
投 稿 河川横断部の縦断曲線施工(円弧推進) 機動建設工業(株)北陸支店工事課課長 原田 水胤 91
機動建設工業(株)北陸支店工事課係員 犬窪 和晃
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第16回 海岸近くの工事で、
      地下水に海水が混ざりますが大丈夫?
推進豆博士 96
ニュースFlash
98
ゆうぞうさんの山紀行 第5回 鹿島槍岳登頂記 元横浜市下水道局 藤代 裕三 102
俳句会便り 第56回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 105
会 報 106
黒瀬賞 平成28年度(第27回)黒瀬賞 107
機関誌監修および
編集委員会
111
Back Number 112
編集後記 114
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法の基礎知識(3) 泥濃式編(2016年6月号)
巻頭言 改築推進工法普及のために 大林道路(株)執行役員 石川  洋 1
今月の推論 熊本地震で考えたこと 太郎&三郎 2
総 論 ・大都市の施工環境に対応した泥濃式推進工法
  ─急曲線施工・長距離・省面積ヤード─
(株)福田組東京本店土木部技術部推進・シールド担当部長 小野塚 良明 3
・泥濃式推進工法の基本 (株)アルファシビルエンジニアリング
取締役副本部長技術士(施工計画、施工設備及び積算)
松元 文彦 8
解 説 ・泥濃式推進の高濃度泥水の基本 (株)はりば 佐野 龍児 15
・泥濃式掘進機の基本と既設構造物への到達事例 ツーウェイ推進工法協会 藤井 昭彦 18
・過酷な施工条件に対応する泥濃式推進工法
  ─ミリングモール工法─
ヤスダエンジニアリング(株)設計課長 富田 昌晴 25
・幅広い土質に適用した超泥水加圧推進工法の施工事例 超泥水加圧推進協会 中園  昭 33
・ヒューム管推進工法(泥濃式)S字急曲線通過後の
  既設マンホール到達事例
ヒューム管&ベルスタ推進工法協会事務局長 大島 義信 38
・泥土圧推進工法の施工事例 サン・シールド(株)専務取締役 米森 清祥 42
・泥濃式の基本入門「複雑な施工条件に対応」 ジオリード協会会長((株)ウイングス代表取締役) 脇田 清司 47
・泥濃式推進工法の施工事例 切羽の安定と産業廃棄物の
  減量化を可能とした複合式推進工法
ハイブリッドモール工法協会 山中  初 52
座談会 泥水・土圧・泥濃式相互評価を試みる 機動建設工業(株) 舩橋  透 56
大豊建設(株) 武内 秀行
(株)アルファシビルエンジニアリング 森田  智
[進行役](公社)日本推進技術協会専務理事
(本誌編集委員長)
石川 和秀
随 筆 門仲界隈 石川島 日本エッセイストクラブ会員 齋藤 健次郎 66
技術情報 非開削地下探査技術 適用の手引き(案)を発行 (一社)日本非開削技術協会地下探査技術委員会 70
ニュースFlash
76
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第15回 鉄道や河川下を横断する場合、
      特に設計で留意することは何?
推進豆博士 78
ゆうぞうさんの山紀行 第4回 那須の赤八潮つつじ 元横浜市下水道局 藤代 裕三 82
会 報 86
機関誌監修および
編集委員会
87
Back Number 88
編集後記 90
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法の基礎知識(2) 土圧(泥土圧)式編(2016年5月号)
巻頭言 若者が誇りを持てる希望に満ちた魅力ある建設産業に 青木あすなろ建設(株)
執行役員営業企画本部営業第一本部長
大森 俊介 1
今月の推論 我々は英知を結集できるのか 〜震災、次世代、ドローン、そして〜 傍若無人 2
総 論 ・土圧(泥土圧)式推進工法の生い立ちと、
  工法の概要と要点
大豊建設(株)土木本部エンジニアリング部 武内 秀行 3
・土圧式推進工法の超大口径管推進における施工例 (株)奥村組土木本部土木統括部技術担当次長
(本誌編集委員)
西口 公二 10
・土圧式推進工法入門 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 16
解 説 ・掘削土砂を塑性流動化し切羽の安定を図る掘削添加材 (株)立花マテリアル営業二課係長 古澤 伸幸 21
・土圧(泥土圧)式掘進機の基本知識 (株)前田製作所産業機械本部技術部 宮下 哲 25
・大中口径の土圧式管推進工事に於ける
  ピストン式ポンプによる排土圧送
丸矢工業(株)東京営業所 近藤 彰人 29
・推進工事で使用される小型バッテリーカー
   〜ずり出しから機材搬入へニーズの変遷〜
(株)ちよだ製作所代表取締役 池津 英二 34
・泥土圧推進工法の施工事例 機動建設工業(株)関東支店工事課課長補佐 中村 光伸 39
・小口径管推進工法土圧(泥土圧)式の特性と役割 三興建設(株)推進事業部部長 伊藤 剛 45
随 筆 キャンピングカーで旅に出よう (公社)日本推進技術協会事務局長 森田 芳樹 49
ニュースFlash
54
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第14回 他の既設構造物と近接しますが、大丈夫ですか? 推進豆博士 58
ゆうぞうさんの山紀行 第3回 那須の赤八潮つつじ 元横浜市下水道局 藤代 裕三 62
俳句会便り 第55回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 67
会 報 70
機関誌監修および
編集委員会
71
Back Number 72
編集後記 74
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法の基礎知識(1) 泥水式編(2016年4月号)
巻頭言 新鮮な驚き 国土交通省
水管理・国土保全局下水道部下水道事業課長
森岡 泰裕 1
今月の推論 管理の時代に相応しい施策を望む メメント・モリ 2
総 論 ・泥水式推進工法の歴史と工法の概要 (株)熊谷組土木事業本部シールド技術部長 金田 則夫 4
・泥水式推進工法とは 南野建設(株) 高橋 正二 9
・泥水式推進工法入門 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 13
解 説 ・泥水処理プラントの解説 サンエー工業(株)代表取締役 浦矢 英雄 18
・泥水ポンプの基礎(究極の安全工法) (株)サンコーポンプ代表取締役 榊原 宗正 22
・泥水式推進における作泥材選択と泥水管理 テクニカ合同(株) 渡部  孝 26
・泥水式工法の利点を生かすラサの掘進技術 ラサ工業(株)機械事業部東京営業所所長 池田 昌司 30
・泥水式掘進機の進化の過程 (株)イセキ開発工機建機営業部長 新谷 英樹 34
・土量管理システムの基礎 (株)アクティオエンジニアリング事業部 栗丸  功 40
・高水圧下で安心できる泥水式推進施工の留意点と対策 機動建設工業(株)関東支店次長 中下 孝清 44
・泥水式推進工事の施工事例 戸田建設(株)関東支店作業所長 高橋 秀太郎 52
随 筆 企業の美醜は水をめぐる所作にあり 編集オフィスchomo代表
東洋大学PPP研究センターリサーチパートナー
奥田 早希子 60
海外情報 GCUSベトナム委員会の2016年3月訪越活動報告 下水道グローバルセンターベトナム委員会委員長
日本大学教授
森田弘昭 63
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第13回 掘進計画線上に障害物がありそうですが、
      どうしたらよいですか?
推進豆博士 68
ゆうぞうさんの山紀行 第2回 高松山から松田山公園へ 元横浜市下水道局 藤代 裕三 72
会 報 76
機関誌監修および
編集委員会
77
Back Number 78
編集後記 80
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進施工トラブルの“芽”を摘む(2016年3月号)
巻頭言 『世のため、人のため』─生産性向上を実現し生き生きと─ 戸田建設(株)執行役員土木工事統轄部長
(当協会理事)
山田 裕之 1
今月の推論 大雪に思う「社会インフラの自分ゴト化」 知恵須納人 2
総 論 トラブルの“芽”はどこにあるの? (公社)日本推進技術協会調査部長 竹内 俊博 4
解 説 ・不明障害物衝突により推進不能
  〜提案しておけば良かったカッタヘッドの変更〜
アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部
(西日本担当)
川越  勇 9
・スピーダー工法におけるトラブル回避
  〜事前調査検討の重要性〜
スピーダー協会技術員 大石 真樹 14
・トラブルゼロを目指す研究会の取り組み ユニコーンES工法研究会事務局長 橋ヶ谷 直之 18
・支障物による長期間推進停止 ─トラブル要因と対処法─ 機動建設工業(株)土木本部技術課課長 吉田 桂三 23
・要因は「土質にあり」
  施工トラブルの“芽”はみんなで摘め
(株)福田組技術企画部参与(シールド・推進担当) 石塚 千司 26
・巨礫・岩盤土質でのラムサス工法の施工トラブル事例と
  対策 〜難土質はこれがあるから難しい〜
ラムサス工法協会事務局技術部課長 森  勇二 33
座談会 推進施工トラブルの“芽”を摘む 横浜市環境創造局管路整備課担当係長 長嶋 大海 38
(株)東京設計事務所関西支社下水道グループ下水道第2チーム 津国 世志平
機動建設工業(株)関東支店副支店長 舩橋  透
大廣建設(株)代表取締役 宮原  政廣
[進行役](公社)日本推進技術協会専務理事(本誌編集委員長) 石川  和秀
随 筆 西洋と東洋が融合した国、トルコ エースモール工法協会事務局 根本 亜矢子 53
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第12回 土被りが深い(大きい)けど、大丈夫?
      地下水圧はどこまで対応できるの?
推進豆博士 58
ゆうぞうさんの山紀行 第1回 高松山から松田山公園へ 元横浜市下水道局 藤代 裕三 60
会 報 62
機関誌監修および
編集委員会
63
Back Number 64
編集後記 66
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/管路設計を自在にした推進・シールド切換型工法(2016年2月号)
巻頭言 予測することの大切さ (株)常磐ボーリング会長(当協会理事) 瀬谷 陽一 1
今月の推論 陳情の極意 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 推進・シールド切換型工法の課題 (公社)日本推進技術協会技術部長 望月  崇 3
解 説 ・推進・シールド切換型工法の施工事例
  兵庫県明石市魚住町の浸水対策
明石市下水道部下水道建設課工事第1係技術職員 吉川 大智 7
・推進・シールド切換型工法の開発経緯と
  施工条件に応じた適用事例
(株)奥村組東日本支社土木技術部技術2課長 木下 茂樹 14
・急曲線・防爆・大土被り(H=25m以上)での
  「シールド切替型推進工法」の取り組み
デュアルシールド工法協会事務局長 中村  浩 20
・推進工法とシールド工法の融合により
  経済性・確実性・安全性を追求した
  エコスピードシールド(ESS)工法
ESS工法協会事務局 技術・積算 檜皮 安弘 26
・地中送電線FS(複合システム)推進工法について 栗原工業(株)工務本部地中線・土木グループ課長 米田  晃 32
・推進工法とシールド工法を融合した
  泥水式バサロシールド(Vassallo shield)工法
バサロシールド工法協会事務局長 須田 浩司 38
随 筆 くだけた話 ベビーモール協会事務局 重盛 俊樹 45
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第11回   土被りが浅い(小さい)場合、何か問題ありますか? 推進豆博士 54
会 報 60
機関誌監修および
編集委員会
61
Back Number 62
編集後記 64
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/海外で活躍する推進技術(The SUISHIN)(2016年1月号)
巻頭言 実り多き一年に 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 西野 龍太郎 1
今月の推論 健全な建設システム構築を目指す良い機会 〜問われるコンプライアンス〜 巌上松 2
新年のごあいさつ (公社)日本推進技術協会会長 中野 正明 3
特別寄稿 ベトナムにおける下水道分野の課題および
 下水道工事への新技術導入の動向について
ベトナム社会主義共和国建設省技術インフラ局長博士・助教授 グェン・ホン・ティエン 4
総 論 ・下水道分野における水ビジネス国際展開の取り組みについて 国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道企画課課長補佐 田本 典秀 6
・下水道プロジェクトへのJICAの取り組みと推進技術への期待 (独)国際協力機構資金協力業務部設計・積算審査室技術主任 佐々木 稔 9
・下水道グローバルセンター(GCUS)の取り組みと推進技術への期待 (公社)日本下水道協会技術研究部国際課長GCUS事務局長 松宮 洋介 12
・下水道事業支援センターの取り組みと推進技術への期待 (一財)下水道事業支援センター専務理事兼事業部長 河井 竹彦 16
解 説 ・インドネシア共和国における最近の動向について (独)国際協力機構(下水道政策アドバイザー) 西   修 20
・チリウン川放水路プロジェクト(アウトレット完了報告) 機動建設工業(株)執行役員社長室長 刈谷 光男 24
・GCUSベトナムワーキングの活動 下水道グローバルセンターベトナムワーキング委員長(日本大学教授) 森田 弘昭 28
・ベトナム進出の経緯と
  ホーチミンプロジェクトPackage
Gの受注について
ヤスダエンジにアリング(株)専務取締役 安田 一成 34
・ベトナムにおける推進管製造に関する
  合弁会社設立について 〜推進管に想いをのせて〜
グローバルワークス(株)代表取締役 新田 智博 38
・横浜市下水道の海外水ビジネス展開支援 横浜市環境創造局下水道計画調整部下水道事業調整課担当課長
吉田 敏章 41
・大阪市における下水道事業の海外展開について 大阪市建設局下水道河川部水環境課長 阿部 浩和 46
・北九州市の海外事業について 北九州市上下水道局海外事業担当課長 神野 右文 50
・福岡市の国際展開の取り組みについて 福岡市道路下水道局総務部下水道経営企画課長 岸  秀樹 53
新春座談会 SUISHIN指南役から忠言と激励を頂く JICA長期専門家(インドネシア)(国交省出向) 西   修 56
JICA長期専門家(ベトナム)(国交省出向) 若公 崇敏
JICAベトナム事務所次長 山本 賢一
日本テクノ(株)技師長 井上弥九郎
(公社)日本推進技術協会専務理事(本誌編集委員長) 石川 和秀[進行]
随 筆 「JKT48劇場!」〜ジャカルタでの苦労を綴る(もうすぐ)48才のオッサンの話〜 (株)イセキ開発工機インドネシア駐在員事務所所長 佐々木勝之 65
今さら聞けない
推進技術の豆知識
第10回  到達立坑って必要なの? できないときどうするるの? 推進豆博士 74
東雛俳句会便り 第五十四回  79
会 報 82
機関誌監修および
編集委員会
83
Back Number 84
編集後記 70
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。