特集/推進工法を支える周辺技術(2018年4月号)
巻頭言 創発を興し水平展開する方法概論 国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道事業課長 加藤 裕之 1
今月の推論 桜に想う ランマ・サバクタニ 2
総 論 推進工法を支える周辺技術 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 3
解 説 ・耐塩性滑材とノンブリージング充填剤の新たな展開 (株)立花マテリアル東京支店営業2課 古澤 伸幸 10
・コマンド工法による小スペース施工
  ─小スペース施工を可能にするための要素技術の開発─
(株)アートコーポレーション 金子 恵太 15
コマンド工法協会技術員(八千代エンジニヤリング(株)) 秋山 大一
・エースモールDL工法標準管推進の立坑小型化
  「3.0C元押」の開発
アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部(西日本担当) 福嶋 愼一 26
・ラムサス工法での小型立坑発進型硬質地盤の施工事例 ラムサス工法協会事務局 森  勇二 35
・推進工事における急曲線造成技術 NUC工法協会事務局長南野建設(株)技術部部長 高橋 正二 41
・仮排水工法の必要性およびパスカル君の紹介 仮排水工法協会事務局 銅木 洋治 50
・流体輸送設備で使用する送排泥および中継ポンプ (株)東洋電機工業所営業本部 竹尾 英治 56
・推進工事における坑口金物の役割 六菱ゴム(株)技術部長 原  正樹 60
・推進工事における環境対策工程改善・プレキャスト支圧壁
  「バックロック工法」
バックロック工法研究会 村田 好彦 66
随 筆 手軽に海の世界へ アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部 永井 貴大 72
先達に学ぶ温故知新 第七回 推進工法とともに歩んだ40年 その4
     「置換式推進工法による管更新システム」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 74
ゆうぞうさんの山紀行 第26回 「日本百名山」撰者深田久弥終焉の地 茅ヶ岳
藤代 裕三
82
会 報 86
機関誌監修および
編集委員会
87
Back Number 88
編集後記 90
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/「推進管アラカルト」〜多様なニーズにチャレンジする推進管材〜(2018年3月号)
巻頭言 推進技術の持続的発展に向けて アイレック技建(株)代表取締役社長 飯田 敏昭 1
今月の推論 ご朱印とマンホールカード 智恵須 納人 2
総 論 ・(公社)日本下水道協会における下水道用資器材規格と
  推進工法用管および内水圧管の対応について
(公社)日本下水道協会技術研究部参事兼規格検査課長 友部 秀久 3
・推進管アラカルト 〜要求性能からみる推進管の選定〜 全国ヒューム管協会技術委員長 村崎 裕一 8
解 説 ・ニーズを先取りした製品群 日本ヒューム(株)技術部 三岡 善平 13
・推進管は内圧対応の時代へ
  ─内圧対応推進管の誕生の背景とその概要─
ゼニス羽田(株)本社営業部 川合 克実 19
・SR推進管、CSパイプ、EX推進管の特長と実績、
  今後の展開と課題
中川ヒューム管工業(株)技術営業部 佐久間 啓 25
・MAX推進管シリーズの特長と実績、今後の展開と課題 栗本コンクリート工業(株)東京営業所
竹澤 真明 33
・受け継がれるWジョイント管の継手とその展開 藤村ヒューム管(株)技術開発本部技術営業部 吉本 勝彦 39
・時代のニーズより生まれた超大口径PC推進管 超大口径PC推進工法研究会事務局 植竹 克利 45
・下水道施設の防食材料コンクリート用抗菌剤
  「ゼオマイティ」
(株)シナネンゼオミック営業開発部課長 当麻 幸広 51
座談会 管メーカ覆面座談会「推進管アラカルト」
〜多様なニーズにチャレンジする推進管〜
(株)熊谷組首都圏支店顧問(横浜市OB)
本誌編集副委員長【進行役】
阿部 勝男 59
随 筆 ・建設産業への機会と興味の変化 中川ヒューム管工業(株)総務部 高濱 直紀 72
・NAGANO 1998 〜Olympic legacy〜(2) 長野油機(株)製造部資材課 山口 雅永 74
先達に学ぶ温故知新 第六回 推進工法とともに歩んだ40年 その3
     「豪州での施工」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 79
ゆうぞうさんの山紀行 第25回 野沢スノートレッキング
藤代 裕三
84
会 報 90
機関誌監修および
編集委員会
91
Back Number 92
編集後記 94
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/狭隘空間での施工 〜困難な施工条件を克服する推進工法の技術〜(2018年2月号)
巻頭言 まちづくりとベトナム展開 日本大学生産工学部土木工学科教授 森田 弘昭 1
今月の推論 役所OBの存在価値 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 ・狭隘空間での施工技術と安全管理 (公社)日本推進技術協会安全部会長 畔田 忠彦 3
・限られた空間での推進工事について 地建興業(株)工務部課長 大石 真樹 11
解 説 ・φ1,500mm立坑からの発進を可能にした
  アンクルモールV工法の概要と施工事例の紹介
(株)イセキ開発工機建機営業部長 新谷 英樹 15
・小立坑発進型エスエスモール工法の施工事例と解説 ジオリード協会積算・技術部 原辺 泰秀 23
・よりコンパクトな立坑からの施工をめざして
  ─コマンド工法φ3,500mm立坑シリーズの開発─
(株)アートコーポレーション営業本部長 金子 恵太 29
コマンド工法協会技術員 秋山 大一
・発進立坑用地を省面積化
  〜省面積立坑システムの推進工法への適用について〜
戸田建設(株)土木工事技術部 中山 卓人 36
・大都市の狭隘空間で施工するデュアルシールド工法
  
都市部で求められる急曲線・長距離施工
(株)福田組東京本店土木部技術部推進・シールド担当部長 小野塚 良明 41
・推進工法における特殊な発進方法 機動建設工業(株)関東支店営業課 荒木 大介 46
随 筆 ・私を支えてくれている仕事に役立つ名言集 (株)奥村組 光安 誠彦 54
・NAGANO 1998 〜Olympic legacy〜 (1) 長野油機(株)製造部資材課 山口 雅永 58
先達に学ぶ温故知新 第五回 推進工法とともに歩んだ40年 その2「国際交流」 元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 60
ゆうぞうさんの山紀行 第24回 雪の北横岳
藤代 裕三
66
俳句会便り 第六十二回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 71
会 報 74
機関誌監修および
編集委員会
75
Back Number 76
編集後記 78
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/多様な断面で多様な分野に適用される推進工法(2018年1月号)
巻頭言 元気を出してアクセルを踏もう 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 森岡 泰裕 1
今月の推論 温故知新 〜明治から新しき世に思う 巌上松 2
新年のごあいさつ (公社)日本推進技術協会会長 森岡 泰裕 4
総 論 ・ベトナムへの推進工法普及戦略に関する考察 下水道グローバルセンター(GCUS)ベトナム委員会
委員長日本大学生産工学部土木工学科教授
森田 弘昭 5
・下水道分野の海外展開の現状と課題 国土交通省水管理・国土保全局下水道部
下水道企画課下水道国際推進官
田本 典秀 12
・チャンスの女神には前髪しかない天は自ら助くる者を助く (独)国際協力機構東南アジア・大洋州部審議役 山本 賢一 16
解 説 ・ベトナムにおける下水道整備の動向と日本の技術協力 ベトナム建設省下水道政策アドバイザー
((独)国際協力機構専門家)
若公 崇敏 20
・ベトナムに推進工法を絶対に普及させる ヤスダエンジニアリング(株)専務取締役 安田 一成 25
・加速するインドネシアの下水道整備
  〜現地活動から見えてくる課題と展望〜
(独)国際協力機構専門家/下水管理アドバイザー 津森 ジュン 30
・「これから発展する(であろう)国で仕事をする」
  ということ 〜インドネシア編〜
(株)イセキ開発工機インドネシア駐在員事務所所長 佐々木 勝之 35
・台湾〜インドネシア〜ミャンマー 機動建設工業(株)国際事業部長 刈谷 光男 41
・ユニコーン掘進機の海外展開 ラサ工業(株)東京営業所 池田 昌司 47
・海外展開の事例と今後の課題 ジオリード協会会長(株)ウイングス代表取締役 脇田 清司 51
・東南アジア方面への特殊推進管の採用例 栗本コンクリート工業(株)東京営業所 平尾 慎也 54
投 稿 うどん県でメタン!?
 ライフライン横断推進部での可燃性ガス確認と対策
四国旅客鉄道?高松保線区施設技術主任 中野 丈彰 60
(株)鴻池組高徳線讃岐牟礼駅構内管推進工事現場代理人 伏見  昂
随 筆 ・門仲界隈・霊巌島 日本エッセイストクラブ会員 齋藤 健次郎 68
・いままでの経験からとこれから 鉄建建設(株)土木本部地下・基礎技術部基礎・地盤・土工グループ 今井 麻祐子 70
先達に学ぶ温故知新 第四回 推進工法とともに歩んだ40年 その1 元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 72
ゆうぞうさんの山紀行 第23回 シモバシラの花
藤代 裕三
78
会 報 83
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。