特集/鋼製管推進工法の基礎知識(2018年11月号)
巻頭言 東北に生きるこれからの課題 多田建設(株)代表取締役社長
(公社)日本推進技術協会監事
多田 恵造 1
今月の推論 組織と不正 時来りて語る者 2
総 論 鋼製管推進工法の概要 (公社)日本推進技術協会審査部長 千田  尚 4
特 集 ・鋼管推進の草分け的な存在インパクトモール工法 インパクトモール協会技術部会長 前川 英昭 11
・鋼製さや管推進工法の完成形「グルンドラム工法」 (株)ライフライン 佐々木 政幸 17
・鋼管推進で多種多様な目的をクリアする
  〜オーケーモール工法〜
オーケーモール協会 持地 英実 24
・既設管への取付や障害物の撤去を長距離推進にて
  施工可能に! 〜パイプリターン工法〜
パイプリターン工法協会事務局長 秦  勝則 30
・用途が拡がるロックマン工法 グルンド興機(株)(山形営業所) 中川  順 37
ロックマン工法協会(八千代エンジニヤリング?) 秋山 大一
・礫玉石・帯水層に威力を発揮するパイプ削進工法 パイプ削進協会技術部 中谷 真二 46
・多様なニーズに対応し進化したクラウン工法と
  ストライク支管による高い耐震性を確保したストライク工法
PIT&DRM協会事務局長 栗山 康晴 51
・過酷な要求に堪えうるのが特技 〜ベビーモール工法〜 東京油機工業(株)代表取締役社長 重盛 知勇 56
・なくては困る小口径管推進工事最後の砦
  ─SH工法・SHミニ工法?
SHスーパー工法協会技術員 篠木 拓哉 60
・下水道施設の最上流部での推進工
  〜コンパクトモール工法〜
コンパクトモール工法研究会事務局 渡辺  大 65
・理論と技術と実績が証明
   〜ベビーモール特殊取付管特許工法〜
東京油機工業(株)代表取締役社長 重盛 知勇 69
ベビーモール協会会長
((有)ラテラルテック代表取締役)
神山  秀
随 筆 くだけた話 ベビーモール協会事務局 重盛 俊樹 74
ゆうぞうさんの山紀行 第33回 豊後富士・由布岳
藤代 裕三
78
俳句会便り 第六十五回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 81
会 報 82
編集委員会 83
Back Number 84
編集後記 86
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/高耐荷力管推進工法の基礎知識(2018年10月号)
巻頭言 「大坂なおみ」と「ギャップ」を考える 日特建設(株)取締役執行役員副社長経営戦略本部長
((公社)日本推進技術協会理事)
屋宮 康信 1
今月の推論 ボーっと生きてると大変なことになる 〜Don't sleep through life! 〜 ランマ・サバクタニ 2
総 論 高耐荷力管推進工法の概要と工法選定上の留意点 (公社)日本推進技術協会技術部長 川合  孝 4
特 集 ・大中口径管推進技術を活かした小口径アルティミット工法 アルティミット工法協会 須藤  洋 11
・泥水式高耐荷力管推進工法の先駆者アンクルモール工法
  〜車上設備での省スペース施工の実現〜
アンクルモール協会事務局 渡邉 文倫 17
・厳しい施工条件にチャレンジするユニコーン工法シリーズ ラサ工業(株)機械事業部土木機械課長 山下 浩幸 24
・進化し続けるミクロ工法 ミクロ工法協会技術委員長 保立 尚人 31
・30年前から高耐荷力管での曲線推進が可能だった
  エースモール工法
アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部 永田 朋比古 37
・環境に配慮した小口径サクセスモールω工法の
  掘削性能・産廃減量&泥水再利用
ジオリード協会事務局長 新川 大一 43
・実績を活かして進化し続けるラムサス-S工法 ラムサス工法協会事務局長 米森 清祥 49
・さらなる進化を続けるドルフィン工法 ドルフィン工法協会事務局長 山田 俊則 56
随 筆 育児経験を自分の強みに 五洋建設(株)経営管理本部人事部 大島 香織 64
ゆうぞうさんの山紀行 第32回 もみじの四阿山
藤代 裕三
68
2018年度
推進工事技士試験
合格者発表
73
会 報 74
編集委員会 75
Back Number 76
編集後記 78
2018年度
推進工事技士試験
試験問題(1次・2次)
巻末
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/低耐荷力管推進工法の基礎知識(2018年9月号)
巻頭言 異常気象と政治について考える りんかい日産建設(株)執行役員(土木営業担当)
((公社)日本推進技術協会理事)
佐藤 幹男 1
今月の推論 降雨の経路の自分ゴト化 〜地域の流域が見えていますか?〜 智恵須 納人 2
総 論 低耐荷力管推進工法の概要と工法選定上の留意点 (公社)日本推進技術協会調査部長 竹内 俊博 4
特 集 ・エンビライナー工法による低耐荷力管推進工法の施工技術 エンビ・ホリゾン推進協会事務局長 田  昌弘 12
・シンプルでコンパクト、豊富な実績・経験を持つ
  〜スピーダー工法〜
スピーダー協会事務局 藤野 真孝 16
・独自の技術で未来を切り開くユニコーンDH-ES工法 ユニコーンES工法研究会事務局長 橋ヶ谷 直之 20
・確かな技術と実績  〜アンクルモールV工法〜 (株)イセキ開発工機建機事業本部 山中 志俊 26
・塩化ビニル管を用いた長距離曲線推進「ベル工法」 ベル工法協会事務局 苗田 徳照 34
随 筆 土木屋人生“まだまだ”進行中 五洋建設(株)土木営業本部土木プロジェクト部 中田 宏美 40
トピックス 下水道展'18北九州 編集委員のいち押し! 46
先達に学ぶ温故知新 第9回 推進工法とともに歩んだ40年 その6
     「泥水式カーブ推進工事」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 51
ゆうぞうさんの山紀行 第31回 初秋の甲斐駒ケ岳
藤代 裕三
60
会 報 62
編集委員会 63
Back Number 64
編集後記 66
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/高品質な長距離・曲線推進を支える技術(2018年8月号)
巻頭言 労働制度と労働環境の改善から女性の活躍を推進しよう 五洋建設(株)土木部門土木営業本部副本部長兼第二営業部長((公社)日本推進技術協会理事) 河上 清和 1
今月の推論 上下水道の民営化と推進工事 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 高品質な長距離・曲線推進を支える大中口径管推進技術 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 3
特 集 ・NUC工法による高品質な長距離・曲線推進技術 NUC工法協会事務局長 高橋 正二 10
・アルティミット工法
  坑内作業の省力化と無人化による高品質な長距離・曲線技術
アルティミット工法協会 小森 恭司 19
・CMT工法の超長距離推進の取り組み CMT工法協会 木下 貴義 28
・推進力低減装置による高品質な長距離・曲線推進技術 ジオリード協会会長(株)ウイングス代表取締役 脇田 清司 39
・超流バランスセミシールド工法における
  長距離・L字急曲線施工の対策
(株)アルファシビルエンジニアリング技術部主任 池田 裕治 46
・泥濃式ラムサス工法の現状と礫質地盤における
  長距離推進の施工事例
戸田建設(株)・(株)水清建設特定共同企業体
戸田建設(株)東北支店土木工事1部工事2室現場代理人
高浜  誠 52
(株)水清建設施設部課長代理主任技術者 石井 道久
サン・シールド?工事部次長 河田  倫
随 筆 ・10年目を機に、これまでを振り返る 戸田建設(株)本社土木工事技術部技術3課 真鍋 啓輔 58
・今までの人生を振り返って 戸田建設(株)本社土木設計部設計2課 浅田 俊平 60
ニュースFlash 64
ゆうぞうさんの山紀行 第30回 奥穂高岳登頂
藤代 裕三
70
俳句会便り 第六十四回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 73
会 報 74
編集委員会 75
Back Number 76
編集後記 78
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進技術・最前線(2018年7月号)
巻頭言 「下水道展'18北九州」の開催にあたり 北九州市上下水道局長 有田 仁志 1
今月の推論 天網恢恢疎にして漏らさず 巌上松 2
総 論 ・下水道で育った推進技術の今後 (公社)日本推進技術協会技術部長 川合  孝 3
特 集 ・これを見れば推進のトレンドがわかる 9
・2時間で全てまわれる!! 推進技術見学ルートマップ 10
・下水道展'18北九州 出展予告と展示の見どころ 12
随 筆 学生時代に学んだ大切なこと 青木あすなろ建設(株)東京土木本店営業第一部 樺澤 弘之 50
投 稿 ・海底推進施工における課題と対策 若築建設(株)九州支店豊前作業所所長 石田 達也 53
(株)東京久栄エンジニアリング部プラント技術室 高橋 雅史
機動建設工業(株)九州支店係長 藤田 啓司
・耐震性に優れた管路を提供するCMTリターンシステム (株)砂原組尾長下水作業所現場代理人 河野  智 61
(株)イミプラン設計部長 森島 健晴
CMT工法協会技術担当 原田 正靖
ニュースFlash 72
ゆうぞうさんの山紀行 第29回 コマクサに覆われた岩手山
藤代 裕三
76
黒瀬賞 平成30年度(第29回)黒瀬賞 79
会 報 86
編集委員会 87
Back Number 88
編集後記 90
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/浸水対策の変遷「より安全な街へ」(2018年6月号)
巻頭言 建設業における「人」を育てるための働き方の創造 青木あすなろ建設(株)執行役員東京土木本店副本店長
(公社)日本推進技術協会理事
鴨川  透 1
今月の推論 紙おむつの下水道投入を考える 北極星 2
総 論 ・最近の集中豪雨の特徴と今後の予測 (一財)日本気象協会事業本部
防災ソリューション事業部先進事業課
片山 勝之 3
・浸水対策関連の取り組みと推進工法への期待 国土交通省水管理・国土保全局下水道部
流域管理管付課長補佐
宮本 豊尚 8
解 説 ・福岡市の浸水対策 〜レインボープラン〜 福岡市道路下水道局建設部中部下水道課 福田 大樹 12
・名古屋市における浸水対策事業 名古屋市上下水道局技術本部建設部建設工事事務所長
石上 孝浩 16
・集中豪雨への考え方と施工方法
  横浜市の浸水対策と都市部における浸水対策施設の施工事例
横浜市環境創造局下水道管路部管路整備課担当係長 清水 幸治 21
・川崎市の浸水対策事業と高水圧下における
  既設貯留管への直接到達
川崎市上下水道局南部下水道事務所工事課 富岡 優一 28
・千葉市における浸水対策について
  〜大規模貯留管から推進工法による暫定対策への変遷〜
ヴェオリア・ジェネッツ(株)顧問
(元千葉市下水道局建設部長)
土屋  潔 33
随 筆 今までの経験とこれから 大豊建設(株)土木本部土木技術部技術設計課 長田 裕美 40
ニュースFlash 44
ゆうぞうさんの山紀行 第28回 甲武信ヶ岳 石楠花を求めて
藤代 裕三
51
会 報 56
編集委員会 57
Back Number 58
編集後記 60
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/最近の推進測量技術(2018年5月号)
巻頭言 働き方改革を実現し、より魅力ある建設業に 戸田建設?常務執行役員土木工事統轄部長
(公社)日本推進技術協会理事
山田 裕之 1
今月の推論 新入社員諸君! 〜君たちはどう育ち働くのか〜 傍若無人 2
総 論 推進における測量の基本と最新技術 機動建設工業(株)関東支店長(本誌編集委員) 舩橋  透 3
解 説 ・推進測量技術の歴史と最新技術 (株)ソーキ顧問(本誌編集参与) 稲葉 富男 9
・エースモール工法位置検知技術の紹介 アイレック技建(株)非開削推進事業本部第一技術部 中川原 浩二 15
・管推進工法でのSリード適用の歩みおよび範囲拡大の試み アースナビ推進工法協会技術委員長
(株)ジェイアール総研情報システム
田村 晋治郎 20
随 筆 ・幼少からの経験が現在の私に生きている
  〜情熱と愛情を持った熱血漢の父から譲り受けたもの〜
(株)はりば 佐野 龍児 26
・現代の育児環境の在り方 テクニカ合同(株)西日本国際事業グループ 細見 怜希 29
ニュースFlash 32
先達に学ぶ温故知新 第8回 推進工法とともに歩んだ40年 その5
     「推進工事に凍結工法を採用した施工事例」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 37
ゆうぞうさんの山紀行 第27回 鎖場の石鎚山
藤代 裕三
46
会 報 51
編集委員会 54
Back Number 56
編集後記 58
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/推進工法を支える周辺技術(2018年4月号)
巻頭言 創発を興し水平展開する方法概論 国土交通省水管理・国土保全局下水道部下水道事業課長 加藤 裕之 1
今月の推論 桜に想う ランマ・サバクタニ 2
総 論 推進工法を支える周辺技術 (公社)日本推進技術協会技術委員会講座部会長 西田 広治 3
解 説 ・耐塩性滑材とノンブリージング充填剤の新たな展開 (株)立花マテリアル東京支店営業2課 古澤 伸幸 10
・コマンド工法による小スペース施工
  ─小スペース施工を可能にするための要素技術の開発─
(株)アートコーポレーション 金子 恵太 15
コマンド工法協会技術員(八千代エンジニヤリング(株)) 秋山 大一
・エースモールDL工法標準管推進の立坑小型化
  「3.0C元押」の開発
アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部(西日本担当) 福嶋 愼一 26
・ラムサス工法での小型立坑発進型硬質地盤の施工事例 ラムサス工法協会事務局 森  勇二 35
・推進工事における急曲線造成技術 NUC工法協会事務局長南野建設(株)技術部部長 高橋 正二 41
・仮排水工法の必要性およびパスカル君の紹介 仮排水工法協会事務局 銅木 洋治 50
・流体輸送設備で使用する送排泥および中継ポンプ (株)東洋電機工業所営業本部 竹尾 英治 56
・推進工事における坑口金物の役割 六菱ゴム(株)技術部長 原  正樹 60
・推進工事における環境対策工程改善・プレキャスト支圧壁
  「バックロック工法」
バックロック工法研究会 村田 好彦 66
随 筆 手軽に海の世界へ アイレック技建(株)非開削推進事業本部営業部 永井 貴大 72
先達に学ぶ温故知新 第七回 推進工法とともに歩んだ40年 その4
     「置換式推進工法による管更新システム」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 74
ゆうぞうさんの山紀行 第26回 「日本百名山」撰者深田久弥終焉の地 茅ヶ岳
藤代 裕三
82
会 報 86
編集委員会 87
Back Number 88
編集後記 90
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/「推進管アラカルト」〜多様なニーズにチャレンジする推進管材〜(2018年3月号)
巻頭言 推進技術の持続的発展に向けて アイレック技建(株)代表取締役社長 飯田 敏昭 1
今月の推論 ご朱印とマンホールカード 智恵須 納人 2
総 論 ・(公社)日本下水道協会における下水道用資器材規格と
  推進工法用管および内水圧管の対応について
(公社)日本下水道協会技術研究部参事兼規格検査課長 友部 秀久 3
・推進管アラカルト 〜要求性能からみる推進管の選定〜 全国ヒューム管協会技術委員長 村崎 裕一 8
解 説 ・ニーズを先取りした製品群 日本ヒューム(株)技術部 三岡 善平 13
・推進管は内圧対応の時代へ
  ─内圧対応推進管の誕生の背景とその概要─
ゼニス羽田(株)本社営業部 川合 克実 19
・SR推進管、CSパイプ、EX推進管の特長と実績、
  今後の展開と課題
中川ヒューム管工業(株)技術営業部 佐久間 啓 25
・MAX推進管シリーズの特長と実績、今後の展開と課題 栗本コンクリート工業(株)東京営業所
竹澤 真明 33
・受け継がれるWジョイント管の継手とその展開 藤村ヒューム管(株)技術開発本部技術営業部 吉本 勝彦 39
・時代のニーズより生まれた超大口径PC推進管 超大口径PC推進工法研究会事務局 植竹 克利 45
・下水道施設の防食材料コンクリート用抗菌剤
  「ゼオマイティ」
(株)シナネンゼオミック営業開発部課長 当麻 幸広 51
座談会 管メーカ覆面座談会「推進管アラカルト」
〜多様なニーズにチャレンジする推進管〜
(株)熊谷組首都圏支店顧問(横浜市OB)
本誌編集副委員長【進行役】
阿部 勝男 59
随 筆 ・建設産業への機会と興味の変化 中川ヒューム管工業(株)総務部 高濱 直紀 72
・NAGANO 1998 〜Olympic legacy〜(2) 長野油機(株)製造部資材課 山口 雅永 74
先達に学ぶ温故知新 第六回 推進工法とともに歩んだ40年 その3
     「豪州での施工」
元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 79
ゆうぞうさんの山紀行 第25回 野沢スノートレッキング
藤代 裕三
84
会 報 90
機関誌監修および
編集委員会
91
Back Number 92
編集後記 94
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/狭隘空間での施工 〜困難な施工条件を克服する推進工法の技術〜(2018年2月号)
巻頭言 まちづくりとベトナム展開 日本大学生産工学部土木工学科教授 森田 弘昭 1
今月の推論 役所OBの存在価値 全日本発注者団体連合協議会副会長 2
総 論 ・狭隘空間での施工技術と安全管理 (公社)日本推進技術協会安全部会長 畔田 忠彦 3
・限られた空間での推進工事について 地建興業(株)工務部課長 大石 真樹 11
解 説 ・φ1,500mm立坑からの発進を可能にした
  アンクルモールV工法の概要と施工事例の紹介
(株)イセキ開発工機建機営業部長 新谷 英樹 15
・小立坑発進型エスエスモール工法の施工事例と解説 ジオリード協会積算・技術部 原辺 泰秀 23
・よりコンパクトな立坑からの施工をめざして
  ─コマンド工法φ3,500mm立坑シリーズの開発─
(株)アートコーポレーション営業本部長 金子 恵太 29
コマンド工法協会技術員 秋山 大一
・発進立坑用地を省面積化
  〜省面積立坑システムの推進工法への適用について〜
戸田建設(株)土木工事技術部 中山 卓人 36
・大都市の狭隘空間で施工するデュアルシールド工法
  
都市部で求められる急曲線・長距離施工
(株)福田組東京本店土木部技術部推進・シールド担当部長 小野塚 良明 41
・推進工法における特殊な発進方法 機動建設工業(株)関東支店営業課 荒木 大介 46
随 筆 ・私を支えてくれている仕事に役立つ名言集 (株)奥村組 光安 誠彦 54
・NAGANO 1998 〜Olympic legacy〜 (1) 長野油機(株)製造部資材課 山口 雅永 58
先達に学ぶ温故知新 第五回 推進工法とともに歩んだ40年 その2「国際交流」 元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 60
ゆうぞうさんの山紀行 第24回 雪の北横岳
藤代 裕三
66
俳句会便り 第六十二回 中本郷顔記念「東雛」俳句会便り 71
会 報 74
機関誌監修および
編集委員会
75
Back Number 76
編集後記 78
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。
特集/多様な断面で多様な分野に適用される推進工法(2018年1月号)
巻頭言 元気を出してアクセルを踏もう 国土交通省水管理・国土保全局下水道部長 森岡 泰裕 1
今月の推論 温故知新 〜明治から新しき世に思う 巌上松 2
新年のごあいさつ (公社)日本推進技術協会会長 森岡 泰裕 4
総 論 ・ベトナムへの推進工法普及戦略に関する考察 下水道グローバルセンター(GCUS)ベトナム委員会
委員長日本大学生産工学部土木工学科教授
森田 弘昭 5
・下水道分野の海外展開の現状と課題 国土交通省水管理・国土保全局下水道部
下水道企画課下水道国際推進官
田本 典秀 12
・チャンスの女神には前髪しかない天は自ら助くる者を助く (独)国際協力機構東南アジア・大洋州部審議役 山本 賢一 16
解 説 ・ベトナムにおける下水道整備の動向と日本の技術協力 ベトナム建設省下水道政策アドバイザー
((独)国際協力機構専門家)
若公 崇敏 20
・ベトナムに推進工法を絶対に普及させる ヤスダエンジニアリング(株)専務取締役 安田 一成 25
・加速するインドネシアの下水道整備
  〜現地活動から見えてくる課題と展望〜
(独)国際協力機構専門家/下水管理アドバイザー 津森 ジュン 30
・「これから発展する(であろう)国で仕事をする」
  ということ 〜インドネシア編〜
(株)イセキ開発工機インドネシア駐在員事務所所長 佐々木 勝之 35
・台湾〜インドネシア〜ミャンマー 機動建設工業(株)国際事業部長 刈谷 光男 41
・ユニコーン掘進機の海外展開 ラサ工業(株)東京営業所 池田 昌司 47
・海外展開の事例と今後の課題 ジオリード協会会長(株)ウイングス代表取締役 脇田 清司 51
・東南アジア方面への特殊推進管の採用例 栗本コンクリート工業(株)東京営業所 平尾 慎也 54
投 稿 うどん県でメタン!?
 ライフライン横断推進部での可燃性ガス確認と対策
四国旅客鉄道?高松保線区施設技術主任 中野 丈彰 60
(株)鴻池組高徳線讃岐牟礼駅構内管推進工事現場代理人 伏見  昂
随 筆 ・門仲界隈・霊巌島 日本エッセイストクラブ会員 齋藤 健次郎 68
・いままでの経験からとこれから 鉄建建設(株)土木本部地下・基礎技術部基礎・地盤・土工グループ 今井 麻祐子 70
先達に学ぶ温故知新 第四回 推進工法とともに歩んだ40年 その1 元(株)日本下水道管渠推進技術協会常務理事 石橋 信利 72
ゆうぞうさんの山紀行 第23回 シモバシラの花
藤代 裕三
78
会 報 83
機関誌監修および
編集委員会
85
Back Number 86
編集後記 88
*執筆者の所属・役職は掲載時のものです。